最新話のネタバレ・感想

暁のヨナ【151話】26巻の「知らないあなた」のネタバレあらすじ・感想ーうぜえくらい 離れませんって言いましたよね?」


花とゆめで暁のヨナ【151話】が掲載されました。

本記事では暁のヨナ| 最新話【151話】の最新話のネタバレあらすじと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

暁のヨナ【150話】26巻の「決着」のネタバレあらすじ・感想ーだから 前に進んでみせよう花とゆめで暁のヨナ【150話】が掲載されました。 本記事では暁のヨナ| 最新話【150話】の最新話のネタバレあらすじと感想をまとめた記...

 




暁のヨナ| 最新話【151話】のネタバレあらすじ

ハクとアヤメの姿を見つけて、ヨナは隠れた。

 

ハク・・・と一緒にいるのは・・・

あれは風牙の都にいた

女の子・・・

怪我の手当てしてもらってたんだ

 

 

ヨナ「ハ・・・」

 

 

アヤメ「ハク様 ちょっと待って」

ハク「いや もういい

   早く仲間のとこ戻んねーと」

ハクはアヤメに怪我を見られて、強引に連れて来られていた。

アヤメ「ここで雑にすると

    治るものも治らないよ

    ほら 熱がある」

ハクの額に手を当てた。

 

 

ズキ

 

ヨナ「・・・・・・」

 

 

アヤメ「怪我の後無茶したんでしょ?

    薬草煎じるからちょっと待って」

アヤメはハクを座らせた。

ハク「待てねぇ 俺は帰る」

アヤメ「何でそんなに急いでるの?」

ハク「それは・・・」

ヘンデ「あーーーっ ハク様だあ

    なになに来てたの?

    教えてよーっ」

わらわらと風の部族が集まって来た。

ハク「あー・・・

   面倒なのに見つかった」

「アヤメばっかりずるい」

「ハク様こっちで飲もう」

ハク「や 仲間が待ってるから」

ヘンデ「なんでよ

    お友達も一緒でいいからさ

    俺呼んでくる」

ハク「よせ」

ヘンデ「ハク様 いい加減戻って来てよ

    将軍になってから

    3年も帰って来なかったし

    テヨンが泣くぞ」

 

それは私の護衛になったから・・・

 

「アヤメも何か言ってやれよ

 許嫁として」

 

許嫁!?

 

ハク「それはガキの頃

   ジジイが勝手に決めたやつだろ」

 

しかもムンドク公認!!

 

「長老も早く

 ハク様の子供見たいんだよ~」

アヤメ「私はハク様が生きてるなら

    それでいいけどね

    亭主元気で留守がいいってやつ」

ハク「お前も乗るな」

ハクはべしっとアヤメを叩いた。

「アヤメ肝っ玉母ちゃんになりそ~っ」

みんなの笑い声が響いた。

 

ヨナ「・・・・・・」

たたたっ

ヨナは四龍達の元に戻って行った。

 

ヘンデ「つってもアヤメは

    サキと恋仲だけどねー」

ハク「知ってるよ

   それもジジイ喜んでただろ」

 

 

ユン「ヨナ お帰り

   ・・・あれ 顔がめっさ暗いよ」

ヨナ「そんな事ないわ・・・

ユン「雷獣は?」

ヨナ「・・・会わなかった」

ハク「呼んだか?」

 

ドキッ

 

ユン「雷獣 どこ行ってたの?」

ハク「悪い ちょっとな

   どうしました?姫さん」

ハクはヨナの横に腰を下ろした。

ヨナ「・・・ハク 身体は?」

ハク「問題ないですよ」

 

熱があるって言ってた

お薬貰ったかな・・・

貰ったのなら良かった

早く治って欲しいし

 

ヨナ「はぁ・・・・・・」

ハク「??」

 

綺麗で大人っぽい子だったな

確か私と同じ歳で

ハクが私とあちこち違うだの

見習って色気を

身につけろだの言ってた・・・

 

ヨナは思い出して、悶々としていた。

 

・・・でも そんな人がいてっも

私について来てくれた

ハクは優しい・・・

 

ヨナ”あれ そういえば

   ・・・何かハクに・・・”

 

ヨナはハクにキスをした事を思い出した。

 

ヨナ「きゃーーーーーー

 

ユン「どうしたの!?」

キジャ「姫様っっ 曲者ですかっ!?」

ヨナ「なんでもないのっ

ハク「姫さん?」

ハクがヨナの肩にぽむっと手を置いた。

ヨナ「ひゃーーーーーー

   私寝る」

ヨナは逃げるように走った。

ハク「なんなんだ」

 

ーーー私っ

今さらながら

とんでもない事を・・・!!

 

ヨナは布にくるまり、ぶるぶると震えた。

 

何て恥ずかしい・・・!!

 

ハク忘れてるといいな・・・

 

ヨナ”・・・あれ

   そういえばハクが何か・・・”

 

『これが終わったら・・・

 話があります』

 

はなし・・・?

・・・なんだろう・・・こわい

もし 私達から離れて

風邪の部族に帰るとか

許嫁も一緒に旅に・・・

とかだったらどうしよう・・・

 

ヨナは手で顔を覆った。

 

あらたまって

わざわざ許すこと・・・

 

ヨナ「・・・・・・」

 

ありえる

 

ぱたり

ヨナは転がった。

 

 

一番恥ずかしい事がある

 

 

私 小さい頃からハクと

一番親しい女の子は自分だと

勘違いしていたの

 

でも あそこにいたハクは

知らない人だった

 

ハクの事は

何でも知ってるなんて

私の狭い世界だけのお話

 

自惚れてたんだ

 

 

 

ゼノ「体 戻った~」

ゼノは大きく伸びをした。

ヨナ「良かった!戻ったのね」

ゼノ「ゼノは丈夫だから」

キジャ「私はまだ動けん・・・っ」

ジェハ「僕も・・・」

ヨナ「無理しないで

   ゆっくりでいいから」

ハク「なんだ白蛇

   起こして欲しいのか」

 

ぐいっ

 

ハクはキジャの手を引っ張った。

キジャ「おお」

ヨナ「ユン ご飯の支度手伝うわ」

キジャ「ううう・・・

    ここから動けん・・・っ」

ジェハ「ハク 僕も引っ張って」

ユン「ゼノ 動けるようになったんなら

   手伝って」

ゼノ「おおお 急に腰が・・・」

ヨナ「あはは」

ハク「姫さん」

 

びくっ

 

ヨナ「わっ私 薪拾って来る

ヨナはしゅっと走り出した。

ハク「姫さん」

ヨナ「あっ薪は足りてたね

   鳥捕ってくる」

ハク「姫さ・・・」

ヨナ「狩りしようと思ったけど

   矢を使い果たしてた

   とりあえず水汲んで来るね!」

 

しゅばばっ

 

ヨナは全力で走り出した。

 

どどどどどどど

 

ハクも走って追いかける。

ハク「何で逃げるんですか!!

ヨナ「逃げてないもん

   忙しいんだもん

ハク「忙しくないだろ

   どー見ても今

   よーやくちょっと

   落ちついたところだろ!!

ヨナ「私にとっては毎日が

   生きるか死ぬかよ!!

ハク「どんだけ

   生き急いでんだよ!!

   つか 足速ェよ!!

ヨナ達は水辺に辿り着いた。

ハク「・・・何で急に

   避けるんです?」

ヨナ「べ・・・別に」

2人はぜぇぜぇ言いながらへたり込んだ。

ハク「目ェ逸らすし」

ヨナ「ハクの顔じろじろ見る

   必要ないもの」

ハク「・・・・・・

   顔も観たくねーんなら・・・

   オギの酒場で俺にした

   ”アレ”は何だったのか」

 

ごおん

 

ヨナは水を汲む為に持っていた入れ物を落とした。

ハクがそれを拾い、水を汲んだ。

ヨナ「あっあっ あれは・・・」

ハク「何だ 覚えてたんですね

   あれは?」

ヨナ「あれは・・・」

ハクがヨナを見つめる。

 

ヨナ「挨拶!!」

 

ハク「・・・は?」

ハクが呆れたように、ヨナを見る。

ハク「納得のいく

   説明をお願いします」

 

許して!!

 

ヨナ「・・・も・・・

   もうしないから・・・

   ごめんなさい」

ハク「・・・謝られても・・・

   ・・・気にしてませんから

   大丈夫ですよ」

ハクは水を持って歩き出した。

 

そ・・・そうだ

自分の事ばかりじゃなくて

ハクの話も聞かなくちゃ

どんな事言われても

受け入れなくちゃ

 

ヨナ「ハク あの・・・

   話って何?」

ハク「話?」

ヨナ「ほら真国で暗殺者から

   逃げる時・・・」

ハク「・・・ああ・・・

   あれは・・・

   ・・・・・・

   ・・・いや

   何でもないです

   忘れてください」

ヨナ「・・・・・・」

ハク「・・・・・・

ヨナ「・・・ハク

   風の部族が帰り支度してるわ」

ハク「・・・そーですか」

ヨナ「行かなくていいの?」

ハク「どうして?」

ヨナ「皆はハクを

   待ってるんじゃないかな

   今は空の部族もいないし・・・

   何なら少し

   ハクは風牙の都に戻っても・・・」

ハク「戻りませんよ」

ヨナ「私達なら大丈夫よ

   キジャ達は徐々に回復してきてるし

   気にしないで・・・」

ハク「姫さん

   ・・・俺は必要ありませんか?」

ヨナは目を丸くした。

ヨナ「必要とか

   必要じゃないとか

   そんな話じゃなくて

   ハクは風の部族を

   大事にしてるから・・・

   ・・・アヤメさんも」

ハク”何でそこでアヤメが出てくるんだ?”

ハク「そりゃ 大事ですよ」

 

ズキ

 

ハク「でも だからこそ 帰らな・・・

   ・・・・・・っあーーー

   そうじゃなくて・・・

   そうじゃなくて!

   ・・・俺 うぜえくらい

   離れませんって言いましたよね?」

ヨナ「・・・わ 私・・・

   ハクにいつも助けられてばかりだから

   ハクがいなくても大丈夫って時が来たら

   ハクに自由を返そうって思ってたの

   だから ハクも 自由に・・・」

ハク「それで?

   今がその時ってわけですか?」

ヨナ「え・・・」

ハク「それは お気遣い

   どうもありがとうございました」

ハクはヨナに背中を向け、歩き出した。

 

 




最新話・最新刊の漫画を無料で読むなら!

以上、暁のヨナ【151話】のネタバレを紹介しました。

文字だけのネタバレを読んで見て、やっぱり

  • 絵付きで読みたくなった!

 

という方におすすめなのがU-NEXTです。

U-NEXTをおすすめする理由は以下になります。

  1. 31日間の無料体験キャンペーン中!
  2. 無料体験時に600ポイントがもらえるので好きな漫画が1巻無料で読める!
  3. アニメ化された漫画も多数配信中!
  4. 映画の割引クーポンも発行できる!(最大1200円OFF)
  5. ドラマ、映画、アニメ動画も9万本見放題
  6. アダルトチャンネルも豊富で31日間の無料体験で1万5000本が見放題!

U-NEXTは現在31日間の無料体験を行っており、無料体験に登録すると600ポイントを貰うことができます。

項目⑥はあまり知られていませんが注目のコンテンツの一つです。

 

無料登録時にもらえる600ポイントを使用する事で、暁のヨナ最新話・最新刊もポイントを使えば1冊無料で読めます!

登録も1分で完了しますし、解約方法も非常に簡単なのでこの機会にU-NEXTで暁のヨナの最新話、最新巻を読んでみてください★

 

▼31日間無料体験で600Pゲットして今すぐ読む!▼

※1分で簡単登録可能!

\解約方法は以下のボタンからご覧ください/

※無料期間中に解約すれば違約金もなく解約可能です。




暁のヨナ| 最新話【151話】の感想

すれ違う想いがはがゆいーーー!!!

ハクに自由に生きて欲しいって思うヨナと

ヨナの側にずっと居たいハク。

どうかすれ違ったまま、終わりませんように!!!

 

まとめ

以上、暁のヨナ| 最新話【151話】のネタバレ・感想を紹介しました。

 

漫画は絵と一緒に読むことで面白さが倍増します。

もし絵付きで読みたくなった場合は電子書籍サイトがおすすめです。

「どの電子書籍サイトでも一緒じゃないの?」

と思っている方は騙されたと思って下記の電子書籍まとめ記事を御覧ください。

 

今は無料体験時にポイントが沢山もらえるサービスも数多くあるので、その中でもおすすめなサービスをご紹介しています。

 

\書店で買うより圧倒的に電子書籍の方が安く読める!/

 

 

※2019年6月に登場した【星のロミ】【漫画村.club】の詳細については別記事でまとめています。
 
 
\星のロミ・漫画村.clubの詳細と危険性は以下よりご覧ください/
 

 

▼【ワンピース】悪魔の実130種類まとめ

週刊少年漫画のネタバレ一覧!

  • ジャンプ
  • ヤングマガジン
  • サンデー
  • マガジン
  • チャンピオン
  • ヤングジャンプ

各種少年漫画雑誌のネタバレを一挙に見るには以下をチェック!

 

週刊少年漫画雑誌のネタバレ一覧はこちら!

 

【星のロミ】【漫画村.club】の詳細と危険性について


2019年6月に入り突如として出現・話題になった

  • 星のロミ
  • 漫画村.club

 

巷では漫画村の復活を喜ぶ人もいますが、実はかなり危険であることが調べてわかりました。

更にはすでに

「1ページも読み込めない」

などと言った声も上がっています。

星のロミ、漫画村.clubの実態は一体なんなのかを徹底調査しましたので、ぜひご覧ください。

 

 


ワンピース考察一覧

ワンピース大好きな管理人がワンピースについて徹底考察しています。

過去に張られた伏線から最新話の伏線までいろんな角度から考察しているのでワンピース好きの人はぜひ見てみてください!