最新話のネタバレ・感想

暁のヨナ【180話】の「御披露目」のネタバレあらすじ・感想ーただいま帰りました・・・父上・・・


花とゆめ2019年18号で暁のヨナ【180話】が掲載されました。

本記事では暁のヨナ| 最新話【180話】の最新話のネタバレあらすじと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

暁のヨナ【179話】の「虚しい歓声」のネタバレあらすじ・感想ー四龍のお披露目ですよ花とゆめ2019年17号で暁のヨナ【179話】が掲載されました。 本記事では暁のヨナ| 最新話【179話】の最新話のネタバレあらすじと...

 




暁のヨナ| 最新話【180話】のネタバレあらすじ

ジェハ「四龍の御披露目・・・ねぇ

    やれやれ

    僕等を見せ物にしようって?」

ケイシュク「極めて平和的な祭りですよ

      戦の勝利と伝説の再来

      五部族を呼んで武人も集まれば

      大いに盛り上がり

      空都も潤うでしょう」

スウォン「・・・・・・」

シンア「駄目・・・

    ゼノは闘えない」

ケイシュク「千州との戦で彼は

      ジュド将軍騎兵隊を

      馬ごと投げ飛ばしたと

      報告がありましたが?」

ジェハ「見間違えじゃない?」

ケイシュク「彼は不死身です

      矢傷が瞬時に

      治るのを見ました」

スウォン「それは・・・

     どういう事でしょう

     回復が早い能力ですか?」

ゼノ「・・・死なない

   という事だよ

   王様兄ちゃん」

ジェハ”ゼノ君・・・”

スウォン「あな・・・たは・・・

     不老不死・・・?」

ケイシュク「まさかと思っていたが

      信じられない・・・」

スウォン「不老・・・とは

     あなたは今 幾つなんですか?

     何をしても

     死なないのですか?

     首を飛ばしても?」

スウォンはゼノの前に立った。

ゼノ「首を飛ばしても

   心臓突いても死なないから」

スウォン「いいですね それ」

ケイシュク「黄金の龍の能力に

      ご興味が?」

キジャ「ゼノを見世物にする大会など

    決して参加せんぞ!」

スウォン「いや まあ・・・

     ケイシュクさんの言ってる

     武術大会なんて 四龍を

     見せびらかしたいだけの

     茶番でしょ」

ケイシュク「言い方・・・」

スウォン「適当に勝ったフリ

     負けたフリをして

     民衆が盛り上がればいいんです

     本気でジュド将軍みたいな

     武人と戦って

     勝てるわけないんですから」

 

カチン

 

キジャ「そんな八百長せずとも

    全将軍張り倒して

    みせるわ!!」 

スウォン「無理ですって」

スウォンは適当にあしらった。

キジャ「そこまで言われては

    四龍の名折れ

スウォン「開催しましょうか

     ケイシュク参謀」

キジャはまんまと乗せられた。

ジェハ「キジャ君・・・」

キジャはハッと我に返った。

キジャ「いや 出るのは

    私だけでよい」

ケイシュク「四龍全員

      出て頂きますよ

      ほんの少し民の前に

      姿を現せば良いのです

      ヨナ姫と同じ様に

      四龍も歓迎されることでしょう」

 

 

 

女官「こちらでお休み下さい」

四龍達は女官に連れられて来た。

キジャ「待て 姫様はどちらだ?

    我々は姫様をお守りしなくては」

女官「ヨナ姫様にはジュド将軍が

   護衛についておりますので」

ジェハ「僕らは彼女を守る為に居るんだ

    傍に行かせてくれない?」

女官「ケイシュク参謀に伺って参りますので

   今日のとおろはこちらでお休みを」

頭を下げると、女官は行ってしまった。

キジャ「ここの人間の言う事を

    信じて良いのか?

    姫様を裏切った者の巣窟だぞ」

キジャ「まあ あそこまえヨナちゃんを

    民衆に見せつけておいて

    危害を加える事は

    ないだろうけど・・・」

キジャ「ゼノ すまぬ

    そなたを大会に参加させる

    つもりはなかった」

ゼノ「そこは何とかなるから

   ~~~っていうか お前らさ

   俺が闘うの気にしすぎ!

   絶対死なないんだから

   お前らより100倍安全だっつの

   過保護やめろ」

キジャ「しかし」

ゼノ「”しかし”じゃねー」

キジャの頭にチョップをした。

ゼノ「・・・・・・何

   ニヤニヤしてんだ」

ジェハとシンアを睨んだ。

シンア「ゼノ 最近怒るとこ

   よく見る

   感情的なの珍しいから

   面白い・・・」

ゼノ「お前も よく

   喋るようになったな」

ジェハはくっくっと笑っていた。

キジャ「すまぬ ゼノ

    スウォンがそなたの能力に

    興味を持っていたのが

    気になったのだ」

ジェハ「彼は最も警戒しなきゃ

    いけない相手なんだろうけど

    気を抜くとそれを忘れそうに

    なってしまう

    調子狂うよ・・・」

 

 

 

 

カツ

 

ヨナは部屋に足を踏み入れた。

ジュド「私は隣におります

    ご用があればお呼び下さい」

ヨナ「キジャ達は・・・?」

ジュド「別邸を用意してあります

    明日になれば

    お会い出来ましょう」

そういうとジュドは部屋を出て行った。

ヨナは部屋の真ん中で立ちつくしていた。

 

私の部屋・・・

誰も使ってないと思うけど

片付けられてる

 

ふと窓辺にイルの姿が見えた。

想いが込み上がる。

ヨナ「ただいま帰りました・・・

   父上・・・」

ヨナは膝をつき、頭を下げた。

 

ガタッ

 

誰!?

 

物音に敏感に反応した。

脳裏にあの日の記憶が蘇る。

ミンス「姫様・・・」

ミンスがお茶を運んできた。

ヨナ「ミンス!?

   ミンス・・・!まさか

   来てくれるなんて・・・」

ミンス「はい・・・

    ジュド将軍に

    通して頂きました

    これからは私が

    お世話をさせて頂きます」

ヨナは滲んだ涙をぬぐった。

ミンス「姫様・・・」

ヨナ「・・・っ この部屋

   誰も使ってないんでしょう?

   その割に

   片付けてあるなって・・・」

ミンス「あ・・・私が

    時々お掃除を・・・」

ヨナ「そうなの?」

ミンス「放置してるとすぐ埃が

    溜まってしまいますし

    何となく

    そうなるのが嫌で・・・」

 

ミンスは独りで父上の思い出と

向き合ってくれていたんだ

 

ミンス「姫様 近々緋龍城で

    武術大会が催されます」

ヨナ「武術大会?」

ミンス「そこで四龍様の

    御披露目をするそうです」

ヨナ「 ! 御披露目って・・・

   四龍に危ない事させるんじゃ」

ミンス「詳しい事はまだ・・・

    ただ 四龍様を

    勝たせる祭りだと」

ヨナ「そう・・・

   ハクは?」

ミンス「ハク様は

    出場されないと思います」

ヨナ「ハク・・・

   城に入る事を

   許されてないの

   理不尽な扱いを受けて・・・

   どうしているかしら」

ミンス「堪えておられると

    思います・・・

    でも ここでハク様が

    反撃されたらそれこそ

    ケイシュク参謀の思うつぼです」

ヨナ「・・・・・・」

ミンス「私も機会を見てハク様の

    ご様子を探ってきます」

ヨナ「ありがとう」

ミンスは部屋を出て行った。

ヨナは窓の前に立ち、空を見上げた。

 

ハク・・・

 

 

 

 

四龍の御披露目を目的とする、武術大会の報せは高華国中に広がり

久方ぶりの武術大会と伝説の四龍を人目見たいという者で空都は溢れかえり

かつてない賑わいを見せていた

 

 

 

リリ「ちょおおっと!

   いつになったらここ通れるの?

   もう朝から並んでるんだけど」

アユラ「ヨナ姫が帰還されてから

    緋龍城に入れなくなって

    しまいましたわね」

リリ「人の出入り多いし

   厳重警備なの

   分かるけど~~~っ

   とりあえず武術会場には

   入れてよ~~~~~~っ」

グンテ「デカイ声聞こえるから

    誰かと思ったら

    ジュンギ将軍とこのリリじゃねぇか」

馬車からグンテが降りて来た。

リリ「グ・・・グンテ様・・・

   いらしてたのですね・・・」

リリは頬を赤らめてグンテを見上げた。

ゲンテ「おう 武術大会とあっちゃ

    来ないわけにはいかねぇ」

リリ「えっ・・・グンテ様も

   出場されるんですか・・・?」

グンテ「俺の勇姿を息子に

    見せてやりてえし」

リリ「え・・・」

グンテ「ああ 挨拶がまだだったな

    ユウノ」

ユウノ「はい」

グンテ「先月 生まれたんだ」

馬車の中からユウノと息子が姿を見せた。

ユウノ「リリちゃん お久し振りね」

リリ「---------・・・」

ユウノ「今日は陛下にご報告も兼ねて

    私も来ちゃったの」

リリ「そ・・・・・・それは

   おめでとうございま

   ・・・・・・・・・」

グンテ「ここ通れねぇんなら

    乗ってけよ」

リリ「おめでとう・・・・・・

   ございま・・・ます」

グンテ「どうした?」

思考が停止したリリをアユラとテトラが支えた。

 

 

 

 

ハク「四龍の御披露目?

   武術大会はやると聞いたが

   四龍が出るとは聞いてねぇぞ」

ユン「雷獣も出るの?」

「いえ ハク様の出場予定はありませんが

 ご覧になられるなら席を御用意します」

報告に来た兵士が言った。

 

 

 

 

ワアアアァ

 

ヨナ「歓声が凄いわ

   もう始まってるの?」

ジュドとミンスにと一緒にヨナも会場に向かっていた。

ミンス「前座ですよ

    剣の舞いが披露されてるんです」

「ヨナ姫の御席はこちらです」

兵士に案内されて、ヨナはスッと席に向かった。

「スウォン陛下が御成りです!」

ヨナの足が止まった。

スウォンもヨナを見て止まった。

 

ワアアアァ

 

「スウォン陛下!」

「ヨナ姫!!」

民衆から歓声が上がった。

ケイシュク「どうしました?

      お座り下さい」

ケイシュクに促され、スウォンは小さく息を吐き、席についた。

ケイシュク「ヨナ姫?」

ヨナ「・・・私 末席でいいわ」

ケイシュク「そういう訳には参りません

      民が見ています」

 

だって この席は・・・

まるで王妃の席じゃない

 

ヨナ「私がここに座るのは

   おかしいわ・・・

   ただの同盟関係でしょう?」

ケイシュク「そうですよ

      何か問題でも?」

 

スウォンや私に

そのつもりはなくとも

これは・・・

 

ケイシュク「ヨナ姫

      我儘を仰らないで

      お早く」

ヨナはケイシュクを睨み、席についた。

 

「おや スウォン陛下の

 御隣にヨナ姫が・・・」

「御二人は御婚約なさったのか・・・?」

「それはすごい・・!」

民衆がざわめいた。

「四龍を連れた赤い髪の姫が

 スウォン陛下と結ばれるなんて」

「伝説の復活・・・

 いや始まりだ」

「高華国は緋龍王により

 偉大なる国に

 なるのではないか・・・!?」

「御婚約おめでとうございます

 スウォン陛下!ヨナ姫様・・・!!」

「おめでとうございます・・・!!」

「おめでとうございます!」

 

 

ユン「なにこれ・・・

   違うよ!

   違うってば!」

ユンとハクは民衆の中でヨナ達を見ていた。

「おめでとうございます

 スウォン陛下!ヨナ姫様!」

 

ヨナもハクも黙って前を見据えていた。

 




最新話・最新刊の漫画を無料で読むなら!

以上、暁のヨナ【180話】のネタバレを紹介しました。

文字だけじゃなくてやっぱり絵付きで読みたい!もしくは絵付きで読みたくなった!

という方におすすめなのがU-NEXT。『暁のヨナ』を無料で読む方法を画像で詳しく解説します!

▼31日間無料体験で600Pゲットして今すぐ読む!▼

※1分で簡単登録可能!

\解約方法は以下のボタンからご覧ください/

※無料期間中に解約すれば違約金もなく解約可能です。




暁のヨナ| 最新話【180話】の感想

ケイシュクの思惑通りに動いてて・・・腹立つーーー・・・!!!

ヨナ達も動くに動けない感じが、悔しい・・・!

ヨナ達の表情に心がぎゅっと苦しくなります。

黙ったままのヨナ、ハク、スウォン。

武術大会で四龍達がどうなるのか、早く続きがみたいです!

まとめ

以上、暁のヨナ| 最新話【180話】のネタバレ・感想を紹介しました。

 

漫画は絵と一緒に読むことで面白さが倍増します。

もし絵付きで読みたくなった場合は電子書籍サイトがおすすめです。

「どの電子書籍サイトでも一緒じゃないの?」

と思っている方は騙されたと思って下記の電子書籍まとめ記事を御覧ください。

 

今は無料体験時にポイントが沢山もらえるサービスも数多くあるので、その中でもおすすめなサービスをご紹介しています。

 

\書店で買うより圧倒的に電子書籍の方が安く読める!/

 

 

※2019年6月に登場した【星のロミ】【漫画村.club】の詳細については別記事でまとめています。
 
 
\星のロミ・漫画村.clubの詳細と危険性は以下よりご覧ください/
 

 

▼【ワンピース】悪魔の実130種類まとめ

週刊少年漫画のネタバレ一覧!

  • ジャンプ
  • ヤングマガジン
  • サンデー
  • マガジン
  • チャンピオン
  • ヤングジャンプ

各種少年漫画雑誌のネタバレを一挙に見るには以下をチェック!

 

週刊少年漫画雑誌のネタバレ一覧はこちら!

 

【星のロミ】【漫画村.club】の詳細と危険性について


2019年6月に入り突如として出現・話題になった

  • 星のロミ
  • 漫画村.club

 

巷では漫画村の復活を喜ぶ人もいますが、実はかなり危険であることが調べてわかりました。

更にはすでに

「1ページも読み込めない」

などと言った声も上がっています。

星のロミ、漫画村.clubの実態は一体なんなのかを徹底調査しましたので、ぜひご覧ください。

 

 


ワンピース考察一覧

ワンピース大好きな管理人がワンピースについて徹底考察しています。

過去に張られた伏線から最新話の伏線までいろんな角度から考察しているのでワンピース好きの人はぜひ見てみてください!