BEASTARS

BEASTARS(ビースターズ) | 最新話【131話】のネタバレあらすじ!「またたびで無理やり花冠」の感想も!


2019年6月6日の週刊少年チャンピオン2019年27号でBEASTARS 131話が掲載されました。

本記事ではBEASTARS | 最新話【131話】の「またたびで無理やり花冠」の最新話のネタバレあらすじと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

BEASTARS(ビースターズ) | 最新話【130話】のネタバレあらすじ!「義足の鉛色、たまに虹色に光る」の感想も!2019年5月30日の週刊少年チャンピオン2019年26号でBEASTARS 130話が掲載されました。 本記事ではBEASTARS ...

 

「BEASTARS」の単行本を無料で読む方法を別記事でまとめているので合わせてご覧ください。

漫画村の代わりに『BEASTARS』を全巻無料で読めるのか調査 この感情は恋なのか、食欲なのか・・・ 鬼才・・・!板垣巴留が描く動物版青春ヒューマンドラマ! >> 『BEASTARS』のネ...

 




BEASTARS 131話「またたびで無理やり花冠」のネタバレあらすじ

けじめ

前回、シシ組の事を懐かしむあまり、ついつい裏市へとやってきてしまったルイでしたが、ルイが組を辞める際に交わした約束により、拳銃を突きつけられたルイは一触即発の大ピンチ・・・

 

フリー:”次 あんたを見かけた時は食い殺すぜ”

 

ルイ:”あぁ・・・約束だ”

 

 

本心では誰もルイの事を撃ち殺したくはないのですが”約束”を反故にすることは裏市を取り仕切るシシ組にとって覆せないのです・・・

 

 

「あんたが悪ぃぞ元ボス・・・」

「最後の約束を忘れてねぇはずだ」

 

「シシ組は・・・約束を守らなくちゃならねぇ・・・」

 

ルイに向かって拳銃を突きつけるフリーですが、内心はルイの事を思って動揺しています。

 

(ちょっと見ねぇ間にずいぶん落ち着いた雄鹿らしい面構えになったな・・・)

 

(ったく・・・素直に再開を喜びたかったもんだぜ)

 

(クソ・・・クソッ・・・クソがよ!!!)

 

 

せっかくの再会の喜びを分かち合えればよかったのに・・・

 

そして覚悟を決めたフリーはルイに向かって引き金をひこうとします

 

(あぁ・・・、やっぱあんたは最高のボスだったよ)

 

 

パァン!!!

 

乾いた銃声が裏市の路地裏で響き渡る・・・

 

が・・・弾はルイには命中しなかった様子です。一体なにが・・・!?

 

雄鹿の象徴

 

なんと、フリーが銃弾を発射する直前に、ルイの『角』がガラガラランッ!とけたたましい音を立てて落ちてしまい、あまりの衝撃にフリーは目測を誤ってしまったのです。

 

どうやら『角の生え変わり』らしく、本人曰く まだ一ヶ月程はかかると思っていたらしいのですが、ルイの予想より早く角が抜け落ちてしまったのだという。角が抜け落ちたルイの頭からは痛々しそうに血が滴り落ちています。

 

一旦場の雰囲気がリセットされた所で、ルイは再び 自分を撃つ様にシシ組に向かって話を続けます

 

「気を散らせて悪かったな・・・、ただのシカの事情だ・・・」

「話を戻そう」

 

「不用意に裏市に近づいた俺に非がある。撃ってくれ・・・」

 

 

すると、フリーは少し考えた後にルイに向かって話しかける

 

 

「・・・・次にあんたを見かけた時は食い殺す」

 

 

「確かにそう約束した・・・だけど俺たちゃそんな姿のあんたは知らねぇよ」

 

 

そういうとフリーは先程まで持っていた拳銃をゴトリと無造作にその場に放り投げます。

 

そしてしばし沈黙のあと・・・

 

 

「会いたかったぜボスーーーーー!!!!」

 

 

物凄い勢いでルイを抱きしめるフリー

ライオンに全力で抱きしめられたルイは若干息苦しそうです笑

 

そんなフリーとルイの様子をみた組員達も思わずフリーに対してツッコミを入れます

 

「生粋のネコ科というか・・・」

「数秒前まで銃口向けてた相手を抱きしめられるのがフリーだよな」

 

「おい、元ボスだぞ!今は他に正式なボスがいるだろ」

 

ネコ科の生き物は皆、サバサバしている感じなのでしょうかね?

他の組員の話しぶりだと、特別フリーがそんな感じにも思えます。

 

ルイとしては『今のボスが誰なのか・・・』という点が気になる様子ですが、そんな話はさておいて、ルイが抜けた際の話をフリーから聞いたというミーゲルは「イブキの件は残念だったが、けじめをどうつけるかはフリーに決定権があり、この際恨みっこは無しだ」と言います

 

ミーゲル:「つくづくあんたがシカで良かったよ・・・空気が読めるツノに感謝だな」

 

ルイ:「ははは、周期が早まったせいで血は止まらないが」

 

額から血を流したままのルイが力なく答えると、とりあえずシシ組のアジトで治療をしようと、ルイはシシ組のアジトへ行くことに

 

「シシ組アジトで手当しよう」

「積もる話もあるし、飯くらいはご馳走するぜ、ボスも今夜は戻ってこねぇから」

マスクメロンとアンデスメロン、あなたはどちらが好きですか?

 

ひょんな事からシシ組のアジトで食事を取りながら、昔話をすることになったルイですが、食事の支度をしているシシ組達・・・もといライオン達の様子を見て驚いてしまいます

 

「おい・・・何か・・・理由があるのか?」

「お前らなんで夕飯メロンだけなんだ!!!?」

 

黒いスーツに身を包んだ屈強なライオン達が、お膳に盛られたメロンを一斉に食べている光景にびっくりです。

 

どうやら”新しいボス”の命令により、シシ組のライオン達は『月に2回しか肉が食べられない』のだといい、夕食だけでなく全部の食事がひたすらメロンなのだという。それがシシ組の新しいルールだというのです。

 

おまけに そのボスはどんな種族より五感が優れており、ボスの目を盗んで肉を隠れて食べようものなら匂いでバレて殺されてしまうとのこと・・・

 

「どうりで皆やつれてると思ったんだ・・」

「そいつ一体何者なんだ・・・種族は?」

 

ルイが、新しいボスのことについて、シシ組達に尋ねようとしたその時です。

 

ガチャ・・・!

 

突然 シシ組のアジトのドアが開く音が聞こえ シシ組のメンバー達が慌てふためき始めます

 

「!!」

「この音はボスだ!」

 

「あれ!?帰ってくるのは明後日じゃなかったのか!?」

 

「まずいぞ・・・」

 

シシ組のアジトにかつてのボスであったルイを連れてきている事がボスにバレてしまっては非常にマズい・・・。というか殺される!!!

 

「とりあえず俺のまたたびくせぇジャケット着て匂い消して、あんたは障子の向こうに隠れてくれ!!」

 

急いでジャケットを被せられ障子の向こうへと追いやられたルイは『ライオンのあいつらがあそこまで怯える相手・・・』と緊張しだす・・

醜い獣たちのエサ

 

「さ・て・さ・て」

「ご主人様がお留守の間・・・子ネコちゃんたちイイ子にしてたかなー?」

 

なんとシシ組の新しいボスとは、まさかのメロン(ガゼルとヒョウのハーフの悪獣)だったのです。そしてメロンは片手にラーメンやソバなどを出前する時に使うような出前箱を持って悠々と椅子に座ります。

 

前回 レゴシとヤフヤが大暴れした仮面夜行会の一件で、早々に引き上げてきたというメロンは、ビジネスの一つが検挙されて怒り心頭だったというのだが、現場の門番役に落とし前をつけさせて満足したのだという。

 

そしてその出前箱の中からは、溢れんばかりにいい匂いをさせた調理済みの肉料理が出てきたのです

 

「中途半端な仕事で迷惑をかけた男の焼き具合は、ミディアムレアがお似合いってね!」

 

門番の男の人を殺して、調理してしまったのでしょうか・・・!?

 

しかしメロンは大の肉嫌いな様子です

 

「ぶっちゃけ俺の身体は全ッ然 肉受け付けないんだよね~」

「まぁ、でも お前らの代わりに俺が食ってやらなくちゃな・・・」

 

メロンの前に出てきた極上の肉料理を前にして、シシ組のメンバー達はみな ゴクリ・・・とよだれを飲み込みながらその光景をただ眺めるのみ・・・

 

どうやら、メロンは自分が肉を食べているときの『シシ組たちの物欲しそうな目』が楽しみなのだと、非常に悪趣味な感じです。

 

「ぶえっ!とは言えやっぱ食えたもんじゃねぇな・・・まさに醜い獣たちのエサ・・・」

 

そしてメロンは予め用意していた ソース、マヨネーズ ふりかけを 肉の上にたっぷりとかけ、ゲテモノの様な状態にして食べ始めます

 

「ウン・・・まぁまぁ食えるもんになったわ」

「もはや何食ってんのかよく分かんね~味になったけど、この肉用意したの俺じゃねぇから、こいつが何の種族だったかなんてハナから知らねぇし」

 

すると、そのメロンの発言が気に食わなかったのか『アガタ』と呼ばれる比較的若いライオンがメロンに食ってかかります

 

「待って下さい!!」

 

すると先程まで上機嫌に 嫌がらせの様な感じで肉を食べていたメロンの目つきが一変します

 

「肉を食う時、何の種族の肉なのかわかった上で味わうことは」

「裏市での・・・最低限のマナーです・・・!!」

 

すると、メロンは席を立ってアガタの前まで移動します

 

「フーン」

「食肉にもマナーってあったのね。知らなかったよ」

 

「早速実践だ」

 

メロンは片手に持ったフォークを高く振りかぶると、そのままの勢いでアガタの手の上に振り下ろします。

 

「コンゴライオンのアガタくん。26歳・・・シシ組メンバーの最年少」

「サムすぎて建前にもならない倫理観を振りかざす退屈な若ライオン・・」

 

メロンは、アガタの掌に突き刺さったフォークの上に、自分の足を置いて体重をかけていきます

 

「確かに・・・フォークを突き立てた相手に想いを馳せるのはなかなか乙な作法だ・・・」

 

他のライオンたちは、その暴力に支配された空間を固唾をのんで見守っています・・・

 

するとメロンは、そのままの姿勢でフリーに向かって話しかける

 

「フリー」

 

突然名前を呼ばれたフリーは驚いて返事をする

 

「へっ!へぇ!!」

 

「ここに1匹部外者が居るね」

 

「今すぐ俺の前に引きずり出せ・・・でないと」

「アガタがこのままお前らの月2のご馳走になるぞ」




BEASTARS(ビースターズ)の最新話・最新刊を無料で読む方法!

以上、BEASTARS(ビースターズ)【第131話】のネタバレを紹介しました。

文字だけじゃなくてやっぱり絵付きで読みたい!もしくは絵付きで読みたくなった!

という方におすすめなのがU-NEXT。『BEASTARS』を無料で読む方法を画像で詳しく解説します!

▼31日間無料体験で600Pゲットして今すぐ読む!▼

※1分で簡単登録可能!

\解約方法は以下のボタンからご覧ください/

※無料期間中に解約すれば違約金もなく解約可能です。




BEASTARS 131話「またたびで無理やり花冠」の感想

レゴシの甘さによって、親友であるルイが再び危険に身をさらされることになってしまいましたね・・・

果たしてフリーはシシ組の仲間を取るのか・・それとも元ボスのルイを取るのか・・・

まとめ

以上、BEASTARS | 最新話【131話】の「またたびで無理やり花冠」のネタバレ・感想を紹介しました。

「BEASTARS」の単行本を無料で読む方法を別記事でまとめているので合わせてご覧ください。

漫画村の代わりに『BEASTARS』を全巻無料で読めるのか調査 この感情は恋なのか、食欲なのか・・・ 鬼才・・・!板垣巴留が描く動物版青春ヒューマンドラマ! >> 『BEASTARS』のネ...
BEASTARS(ビースターズ) | 最新話【130話】のネタバレあらすじ!「義足の鉛色、たまに虹色に光る」の感想も!2019年5月30日の週刊少年チャンピオン2019年26号でBEASTARS 130話が掲載されました。 本記事ではBEASTARS ...

漫画は絵と一緒に読むことで面白さが倍増します。

もし絵付きで読みたくなった場合は電子書籍サイトがおすすめです。

「どの電子書籍サイトでも一緒じゃないの?」

と思っている方は騙されたと思って下記の電子書籍まとめ記事を御覧ください。

 

今は無料体験時にポイントが沢山もらえるサービスも数多くあるので、その中でもおすすめなサービスをご紹介しています。

 

\書店で買うより圧倒的に電子書籍の方が安く読める!/

 

※2019年6月に登場した【星のロミ】【漫画村.club】の詳細については別記事でまとめています。
 
 
\星のロミ・漫画村.clubの詳細と危険性は以下よりご覧ください/
 

 

 

▼2019年8月9日公開【ワンピース スタンピード】の詳細はこちら

 

 

▼【ワンピース】悪魔の実130種類まとめ

週刊少年漫画のネタバレ一覧!

  • ジャンプ
  • ヤングマガジン
  • サンデー
  • マガジン
  • チャンピオン
  • ヤングジャンプ

各種少年漫画雑誌のネタバレを一挙に見るには以下をチェック!

 

週刊少年漫画雑誌のネタバレ一覧はこちら!

 

【星のロミ】【漫画村.club】の詳細と危険性について


2019年6月に入り突如として出現・話題になった

  • 星のロミ
  • 漫画村.club

 

巷では漫画村の復活を喜ぶ人もいますが、実はかなり危険であることが調べてわかりました。

更にはすでに

「1ページも読み込めない」

などと言った声も上がっています。

星のロミ、漫画村.clubの実態は一体なんなのかを徹底調査しましたので、ぜひご覧ください。

 

 


ワンピース考察一覧

ワンピース大好きな管理人がワンピースについて徹底考察しています。

過去に張られた伏線から最新話の伏線までいろんな角度から考察しているのでワンピース好きの人はぜひ見てみてください!