最新話のネタバレ・感想

カカフカカ | 【39話】のネタバレあらすじ・感想!


2018年8月25日にKiss2018年10月号でカカフカカ39話が掲載されました。

カカフカカ| 最新話【39話】の最新話のネタバレあらすじと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

カカフカカ | 【38話】のネタバレあらすじ・感想!2018年7月25日にKiss2018年9月号でカカフカカ38話が掲載されました。 カカフカカ| 最新話【38話】の最新話のネタバレあ...

 

「カカフカカ」の単行本を無料で読む方法を別記事でまとめているので合わせてご覧ください。

『カカフカカ』が全巻無料で読める唯一の方法を公開 シェアハウスを舞台に、可か不可か? とっても微妙な添い寝カンケイを始める亜希と本行。 シェアハウス仲間の長谷とあかりを加え、...

 

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。
絵つきでカカフカカを読みたい!という場合はmusic.jpがおすすめです!
今すぐ読みたい方はmusic.jpに無料キャンペーンに登録してみてください。

 

▼30日間無料キャンペーン中!▼

※30日以内に解約すれば違約金はかかりません。




カカフカカ 39話のネタバレあらすじ

【前回のあらすじ】

 

 

【※シェアハウス解散にあかりさんが反対気味(本行はもとより)】

 

 

長谷「…………」

長谷「え―――と」

 

長谷「あれ?意外だな あかりが反対するとは思わなかった」

あかり「あらそう?」

長谷「だって そもそもあかりが ここにいるのはトモのためだろ?」

あかり「まぁそうね」

 

長谷「だったら別に2人でルームシェア始めても問題ない…」

長谷「―――というかその方がいいんじゃないの?あかり的にも」

長谷「ああ もちろん物件報告したりとかは協力するし」

あかり「…………」

 

…はぁ

 

あかり「―――長谷くんよく考えてちょうだい」

あかり「もし 今このシェアを解散してしまったら…」

あかり「私のごはんはどうなるの?」

 

長谷「…………は?」

 

あかり「寺田さんの日々の手料理によってすっかり健康かつ」

あかり「ぜいたくになってしまった私の胃や腸は!?」

あかり「もう外食・コンビニ・レトルトの日々に戻れるわけがない……!」

 

あかり「そうでしょう!?」

 

長谷「……いや ”そうでしょう!?”って言われても…」

あかり「―――とは言っても!」

あかり「ここは長谷くんのご両親から長谷くんが借りてる部屋だものね」

あかり「現 部屋主である長谷くんの意向には従うべきだとも思うの」

長谷「―――ああ うん まぁ そこは申し訳ないけど……」

 

あかり「―――だから」

あかり「長谷くんがどうしてもこのシェアを解散したいと言うなら」

あかり「私と智也と寺田さんの3人で」

あかり「改めてどこか借りてルームシェアすることにするわ」

 

寺田「―――て え えぇ!?」

 

あかり「きてくれるよわよね?寺田さんなら…!」

本行「あー…」

本行「なるほど…」

本行「それだったらまぁ…ハセがどうしてもって言うなら…」

長谷「いやいやいやいや!!何”妥協する”みたいな言い方してんだ」

 

長谷「明らかにおかしいだろソレ」

長谷「だって俺と寺田さんはつきあっ…」

あかり「恋人同士だからといって一緒に住まなければならないなんて道理はないわ!」

長谷「は?いや でもふつう…」

あかり「逆に言えば別に寝食を共にしなくても交際は続くものでしょう?ふつう」

長谷「―――いや」

長谷「そういうことじゃなくて…」

 

あかり「―――それに」

あかり「……寺田さんはより己を求める方に傾いてしまう…」

あかり「いわば”求められ尻ふわ”!!」

寺田「えっ」

 

寺田(……求められ尻ふわ…)

 

あかり「だったら」

あかり「人が生きるのに不可欠な「食」に基づいて寺田さんを求める」

あかり「私こそが最強…!!!」

あかり「のハズ!」

 

長谷「…………あかり」

長谷「だから」

あかり「……私は」

あかり「存外本気よ?」

あかり「長谷くん」

 

長谷「……あー…」

長谷「まぁ」

長谷「さっきも言ったけど何も すぐにってわけじゃないから」

長谷「その辺は追い追い話していこうか」

あかり「そうね大事なことだもの」

あかり「じっくりゆっくり話し合っていきましょう」

長谷「………」

あかり「じゃあとりあえず今日は ここまでってことでいいかしら?」

 

あかり「ああ 寺田さんコーヒーごちそうさま」

寺田「あっ ハイ」

あかり「さあさあ智也は執筆に戻って」

本行「ん」

 

本行「……あかり」

あかり「なぁに?」

本行「ありがと」

あかり「何が? ……まぁ 全ては小説で返してちょうだい」

本行「ん」

寺田「…………」

 

カララ…

 

パタン

 

あかり「―――さて」

あかり「じゃ私も ちょっと会社出なきゃいけないから失礼するわね」

寺田「あ そうなんですか?じゃ夕飯は…」

あかり「……何かしら残しといてくれると嬉しいわ…」

寺田「分かりました」

 

あかり「………」

あかり「ところで」

あかり「寺田さんは実際 どう思ってるの?シェアハウス解散について」

寺田「え…」

あかり「いえ 寺田さん部外者みたいな顔してコーヒーいれたりしてたから」

あかり「そんな乗り気でもないのかと思ったんだけど」

あかり「もしノリノリだったんならごめんなさい」

 

長谷「寺田さんは賛成してくれたよ」

長谷「昨日2人で話して決めたことだから」

あかり「………あらそう」

寺田「―――あ ハイ!」

あかり「だったら悪かったわね ちょっと茶化すみたいな真似して」

寺田「い いえ……」

あかり「でも だったらちゃんと席に着いてなさいよ」

寺田「す すみません…」

 

あかり「…………」

あかり「―――ああ あと」

あかり「昨夜の豆ごはん おいしくいただいたわごちそうさま」

寺田「え」

寺田「……あ いえ」

あかり「長谷くんと一緒に作ったんですって?買い物も一緒に行ったって」

寺田「ハ ハイ…」

あかり「そういや最近長谷くんも食べてるものね寺田さんのごはん」

あかり「朝食もちゃんととるようになっちゃって」

 

あかり「……いきなり温泉旅行行ってみたり」

あかり「しょっちゅうラインしたり」

あかり「一緒にお買い物して一緒にご飯作って食べて」

長谷「……何?」

長谷「それに何か文句でも?」

あかり「え いいえ?」

あかり「良いと思うわよ とても」

あかり「ままごととかごっこ遊びみたいな感じよね?」

 

あかり「何事も形から入るのは大事だし有効だものね」

あかり「特に長谷くんには向いてると思うわ」

あかり「一先ず順調にはいってるみたいじゃない」

寺田「………」

あかり「―――だから」

あかり「もう少し余裕もってもいいんじゃないの?長谷くん」

あかり「何で そんないっぱいいっぱいになってんの?」

 

あかり「……まぁ とりあえず」

あかり「私としては」

あかり「少なくとも智也の執筆が一段落するまではヘンなことしないでほしんだけど…?」

 

寺田(あ やっぱそこなんだ)

 

あかり「あと寺田さんご飯を手放す気がないのもマジだから」

あかり「まぁ その辺は話し合っていきましょ」

あかり「じゃ ちょっと行ってきます」

 

バタン

 

寺田「………」

 

 

【―――正直まだちょっと色々頭がおっつかない】

 

 

寺田(………でも)

寺田(とりあえず………)

 

『より己を求める方に傾いてしまう…』

『求められ尻ふわ!!』

 

 

【……まったくもってその通りだと思った】

 

 

【………本行へのしんどさから逃げたくて】

 

 

【あかりさんに迷惑がかかることも承知の上で】

 

 

【解散の話にうなずいたはずなのに】

 

 

『いやだ』

『絶対ムリ』

『出てかない』

 

『私のごはんはどうなるの?』

 

 

【そう言われて嬉しいと思ってしまった】

 

 

寺田(てゆーか…………)

寺田(ほんとは元々ちょっとは期待してたんじゃ…?)

寺田(……そういう風に言われること)

寺田(だってあかりさんがご飯大好きなのは知ってたし)

寺田(……本行の最近の言動も…)

 

寺田(だから)

寺田(自分発じゃないみたいな顔して席にも着かないで……)

寺田(…………)

寺田(どんだけ”求められること”に飢えてたんだあたし…)

 

 

【……自分のことが大事で】

 

 

【でも いつの間にか自分のことが嫌いで】

 

 

【だから人に価値をつけてもらいたくて】

 

 

【より良い価値をつけてもらいたくて】

 

 

【”いらない”って言われるのは怖くて】

 

 

寺田(……うん)

寺田(そうだ)

寺田(だから私は)

 

 

【長谷さんに逃げた 長谷さんを選んだ】

 

 

『ままごととかごっこ遊びみたいな感じよね?』

 

寺田「……」

 

 

『ままごと』

 

『ごっこ遊び』

 

 

【……そんなつもりはもちろん全くなかったけど】

 

 

【言われてみるとちょっと】

 

 

【……何かしっくりきてしまった】

 

 

寺田(…………でも)

寺田(”ままごと”じゃ”ごっこ遊び”なのが)

寺田(悪いってわけじゃないハズ)

 

 

『順調にはいってるみたいじゃない』

 

 

【……ちゃんと自覚を持ってそうしようとするのであれば】

 

 

寺田(………………)

寺田(……うん)

 

 

寺田「……えーと」

寺田「とりあえず」

寺田「今日はごめんなさい」

寺田「……長谷さんにばっか言いにくいこと言わせて」

 

長谷「―――いや別に解散の話は元から俺1人で話すつもりだったから」

寺田「え そうなんですか」

長谷「だって寺田さん押しに弱そうだし」

寺田「……すみません…」

 

長谷「ていうかいきなり部屋きて何かと思ったらソレ?」

寺田「や だって長谷さん一言もしゃべらず黙って部屋戻っちゃったから」

寺田「……怒ってるのかな…って…」

長谷「―――ああ いや あれは」

長谷「……あかりが急にヘンなこと言うからちょっと」

長谷「てゆーか はは」

長谷「あかりもわけわかんないこと言うよな ……まぁ 悪気はないのかもしれないけど」

寺田「…………」

 

寺田「…………」

寺田「……私はちょっと」

寺田「納得しちゃいました」

寺田「「ままごと」とか「ごっこ遊び」に」

長谷「……は…」

 

寺田「―――それで!」

寺田「……あかりさんの言う通り」

寺田「私と長谷さんは別に それでいいのかなって……」

 

長谷「え…?」

寺田「えーと そのつまり」

 

寺田「―――昨日私が長谷さんに「早くそうなりたい」って言った時」

寺田「それは”しなきゃ”っていう義務じゃないのかって言われて…」

寺田「……簡単にそういう身体の関係に頼ろうとしてた自分を見透かされた気がして」

寺田「すごく恥ずかしくなっちゃったんですけど」

 

寺田「―――でも」

寺田「「ごっこ遊び」の範ちゅうならそれもありなんじゃないかなって」

長谷「…………」

 

寺田「……恋人として形から入るって意味では」

寺田「一緒にごはん作って食べたり」

寺田「手をつないで出かけたりするのと同じなんじゃないかって」

寺田「最初に気持ちが伴ってなかったからってそれがニセモノなわけじゃけしてないし」

寺田「―――全然本物にもなるし」

寺田「―――だから」

 

寺田「今はまだ”心から長谷さんとしたい”てわけじゃないかもしれないけど…」

寺田「もっともっとちゃんと長谷さんを好きになるためにも」

寺田「私は長谷さんとそういうことがしたいです」

寺田「……ダメですかね?」

寺田「そういう行為に頼るのは」

 

 

長谷「………や」

長谷「ダメってわけじゃもちろんないけど」

長谷「……特に」

長谷「そこまで必要ではないかなって」

 

寺田「……………え」

 

長谷「―――まぁ」

長谷「そんなことしなくても俺は充分寺田さんが好きだし」

長谷「……そばにいてくれるだけですごく嬉しいから」

寺田「…………」

 

 

【…………ん?】

 

 

【アレ?】

 

 

【えーと…………】

 

 

 

寺田(…………)

寺田(え―――と……)

 

 

『そんなことしなくても俺は寺田さんが……』

 

 

寺田(……とりあえず長谷さんはする気はないってこと……?)

寺田(……ていうか何か似たような言葉昨日もきいたような…)

 

寺田(…………)

寺田(長谷さんが私のことを好きでいてくれてるのは確かだと思うんだけど……)

 

 

『おやすみ』

『寺田さん』

 

 

【…………もしかして長谷さんは】

 

 

【私のことをそういう対象としては見ていない………!?】

 

 

寺田(……”しない”じゃなくて”できない”!?)

寺田(それとも両方…!?)

寺田(え…それはあり…なの!?)

寺田(……いやでも好きでいてくれてるのは確かだし)

寺田(キスやスキンシップはあるわけで……)

寺田(え いや でも…)

 

 

カララ

 

本行「…………」

本行「寺田さん」

寺田「……本行……」

 

本行「……あのさちょっといい?」

寺田「な 何!?」

本行「寺田さんは」

本行「俺に出ていってほしい?」

 

 

寺田「………は?」

 

本行「…寺田さんの希望きいてなかったからさっき」

寺田「……正直いうと」

寺田「本行の近くにいるのちょっとしんどい」

本行「……そっか」

寺田「……ごめん すごい勝手なこと言ってるけど」

本行「んー…」

本行「……でも俺は」

本行「寺田さんと離れるのやだ」

 

寺田(……ただでさえ)

寺田(頭が色々混乱してる時に)

寺田(何でまたさらに混乱させるようなこと……)

 

 

【―――動揺するのは】

 

 

【どうしてもまだどこかで期待してしまうからだ】

 

 

【……どこかで】

 

 

【いつまでも期待していたい自分がいるからだ】

 

 

【―――だったら…】

 

 

寺田「―――あのさ本行」

本行「ん?」

寺田「これだけちょっと」

寺田「きいときたいんだけど…」

 

寺田「本行は私のこと」

寺田「別に好きではないんだよね…!?」

 

 

【―――口に出してみて初めて今更気付く】

 

 

【………私はこの質問をこそもっと前に】

 

 

【何なら最初の時にするべきだったんだ】

 




 

 

カカフカカ最新話・最新刊を無料で読む方法!

以上、カカフカカ【39話】のネタバレを紹介しました。

文字だけじゃなくてやっぱり絵付きで読みたい!もしくは絵付きで読みたくなった!

という方におすすめなのがmusic.jpです。

music.jpであれば30日間の無料体験があり、無料体験に登録すると600ポイントがもらえます。

そのポイントを使用することで「カカフカカ」が無料で読めます。

30日間の無料体験期間中に解約すれば一切お金はかかりませんので、ぜひ絵付きで読んでみたい方はmusic.jpに登録して読んでみてください。

 

▼30日間無料体験で600Pゲットして今すぐ読む!▼

 

解約方法は以下のボタンからご覧ください。

※無料期間中に解約すれば違約金もなく解約可能です。




カカフカカ 39話の感想

切ないですよね。こんなに頑張って気持ちを伝えたのに

笑ってごまかされたら悲しいどころじゃないな…寺田さん良く耐えた…

でもそれは本当に好きな人がいたからな訳で

口に出して認めてしまうの悲しかったです。

まとめ

以上、カカフカカ | 最新話【39話】のネタバレ・感想を紹介しました。

「カカフカカ」の単行本を無料で読む方法を別記事でまとめているので合わせてご覧ください。

『カカフカカ』が全巻無料で読める唯一の方法を公開 シェアハウスを舞台に、可か不可か? とっても微妙な添い寝カンケイを始める亜希と本行。 シェアハウス仲間の長谷とあかりを加え、...

 

漫画は絵と一緒に読むことで面白さが倍増します。

もし絵付きで読みたくなった場合は電子書籍サイトがおすすめです。

「どの電子書籍サイトでも一緒じゃないの?」

と思っている方は騙されたと思って下記の電子書籍まとめ記事を御覧ください。

 

今は無料体験時にポイントが沢山もらえるサービスも数多くあるので、その中でもおすすめなサービスをご紹介しています。

 

\書店で買うより圧倒的に電子書籍の方が安く読める!/

 

 

※2019年6月に登場した【星のロミ】【漫画村.club】の詳細については別記事でまとめています。
 
 
\星のロミ・漫画村.clubの詳細と危険性は以下よりご覧ください/
 

 

▼【ワンピース】悪魔の実130種類まとめ

週刊少年漫画のネタバレ一覧!

  • ジャンプ
  • ヤングマガジン
  • サンデー
  • マガジン
  • チャンピオン
  • ヤングジャンプ

各種少年漫画雑誌のネタバレを一挙に見るには以下をチェック!

 

週刊少年漫画雑誌のネタバレ一覧はこちら!

 

【星のロミ】【漫画村.club】の詳細と危険性について


2019年6月に入り突如として出現・話題になった

  • 星のロミ
  • 漫画村.club

 

巷では漫画村の復活を喜ぶ人もいますが、実はかなり危険であることが調べてわかりました。

更にはすでに

「1ページも読み込めない」

などと言った声も上がっています。

星のロミ、漫画村.clubの実態は一体なんなのかを徹底調査しましたので、ぜひご覧ください。

 

 


ワンピース考察一覧

ワンピース大好きな管理人がワンピースについて徹底考察しています。

過去に張られた伏線から最新話の伏線までいろんな角度から考察しているのでワンピース好きの人はぜひ見てみてください!