キャラの強さ

【ワンピース考察】カポネ・ベッジの過去と悪魔の実(シロシロの実)の能力(強さ)は?ビックマム傘下に入った目的は?


以前より超新星・最悪の世代についてまとめてきましたが、今回は「カポネ・ベッジ」についてです。

ホールケーキアイランド編では、ルフィとの共闘もあったベッジ。今や同盟という立場といってもおかしくないでしょう。

そんなベッジについて、能力やビッグ・マム傘下となった理由などをまとめてみました!

 

週刊少年ジャンプで連載中の【ワンピース】の直近のネタバレは以下からご覧ください。
      955話
(42号 9月16日)
954話
(40号 9月2日)
953話
(39号 8月26日)
952話
(38号 8月19日)
951話
(36・37合併号 8月5日)
950話
(35号 7月29日)
949話
(34号 7月22日)
948話
(32号 7月8日)
947話
(31号 6月30日)
946話
(30号 6月24日)
945話
(27号 6月10日)
944話
(26号 6月3日)
943話
(25号 5月27日)
942話
(24号 5月13日)
941話
(22&23号 4月25日)
940話
(21号 4月22日)
939話
(20号 4月15日)

※上記は全て【週刊少年ジャンプ2019年】※

\【アニメ】ワンピースの最新話「902話(2019年9月15日(日)放送)」を無料で視聴する方法は以下!/

>>【アニメ】ワンピース「902話」の無料視聴はこちら<<

★速報★【映画】ワンピース スタンピードで「ひとつなぎの大秘宝」の正体が?!

>>ワンピース スタンピードのネタバレはこちら<<

 

▼ワノ国を無料で視聴する方法!見逃しても大丈夫!▼




カポネ・ベッジとは?過去は?

ぷに助
ぷに助
 最初はそんなに人気なかったよね? 

ぱちぇこ
ぱちぇこ
 ホールケーキアイランド編で好感度爆上がりしたね! 

超新星・最悪の世代の1人で、ファイアタンク海賊団 頭目(ファーザー)です。

超新星とは…

麦わらの一味と同時期にシャボンディ諸島に到着した億越えの賞金首たちの総称です。

現在は黄猿に追われる形で全員が新世界に進出しました。

超新星と呼ばれるのは11名で、新世界編ではそこに四皇黒ひげが加わり「最悪の世代」とも呼ばれています。

該当キャラクターは「モンキー・D・ルフィ」「ロロノア・ゾロ」「カポネ・ベッジ」「ジュエリー・ボニー」「バジル・ホーキンス」「ユースタス・キッド」「スクラッチメン・アプー」「X・ドレーク」「ウルージ」「キラー」「トラガルファー・ロー」です。

ホールケーキアイランド編では、ビッグ・マム海賊団の傘下となり、戦闘員として登場しました。

懸賞金は3億ベリーです。

超人系(パラミシア)悪魔の実「シロシロの実」の能力者で、体内を城化することができる「城人間」です

ギャング「アル・カポネ」がモデルであることもあり、悪人であることには違いありませんが、愛妻家で子煩悩でもある一面があります。

ベッジの残虐的さは過去のエピソードからもわかります。結婚後はあまりその残虐さは表立っていないようですが、海賊となる前のギャング時代から、対戦相手のボスの首を狙い、首を取った後の様子をみて楽しんでいたそう。

ギャングというと相手を襲撃する目的は「権力」や「縄張り」であることが主ですが、ベッジは金品のみを奪っていたことからも、その騒ぎ自体が目的であったことがわかります。

しかし、その敵に対する残虐性とは裏腹に、「自分を慕う部下」に対しては絶対見捨てないという強い信念を持っています。そのため、同じく部下を大切にする白ひげを尊敬している様子です。

最初はパッとしなかったものの、ホールケーキアイランド編での活躍とその人柄により、人気を得たベッジ。

そんなベッジの再登場は今後も十分にあり得ると思います。

ホールケーキアイランド編での一件で麦わら一味傘下と報道されたことに憤慨していたベッジですが、麦わらの一味との「仲間意識」はあるはずです。また、共闘といいながらも麦わら一味に助けられたと感じてもいるでしょうから、麦わらの一味がピンチの時は助けをかってでるはずです。

また、ビッグ・マムから逃れる際に、ベッジはノストラ・カステロ号を失っています。水陸両用のかなりかっこいい船でしたから、再登場の際には、さらにグレードアップした船で登場するのではないでしょうか

今度は「水」「陸」「空」全方位をカバーした船かもしれませんね




シロシロの実の能力は?強さは?

ぷに助
ぷに助
 結構便利な能力だよね? 

ぱちぇこ
ぱちぇこ
 ギャングらしいよね! 

 

自らを「城」とすることができるため、体の扉から体内に人間や兵器を圧縮し格納することができます。尚、再び外に出すと、元のサイズに戻ります。

さしずめ移動型の「軍隊」「大量兵器」といったところでしょうか。

また、かなり頑丈であるため、防御力にもたけています。しかし、無敵であるわけではないようで、ダメージを負うには変わりないよう。


自身の体を変化することができ、足をキャタピラに変えて移動する場面もありました。

覇気については会得しているどうかが明らかとされていませんが、海楼石の武器を扱ったり、要塞化した体が黒色に変化していないことから、会得していないものとみられます

再登場の際には、ぜひ武装色を会得し、「黒城」として再登場してほしいですね。

ベッジは、ホールケーキアイランド編でも見せたように、体内に大量のものを格納できますから、これからの戦いにおいても戦線離脱や潜入、大量のものを運ぶことにかなり役立ちます。再登場に期待したいところです。




ビッグ・マム傘下に入った理由は?

ぷに助
ぷに助
 最初は偶然縄張りにはいっちゃったんだっけ? 

ぱちぇこ
ぱちぇこ
 そうそう。 

 

ビッグ・マム傘下となったことはベッジの意志ではなかったようです。

ビッグ・マム海賊団の縄張りに紛れ込んでしまい、その圧倒的な実力差に屈服し、ビッグ・マム傘下となることを選択しました

それにより、ビッグ・マムの娘であるシャーロット・シフォンと結婚し、息子のベッツを授かります。

完全な政略結婚ではあったものの、夫婦仲そして家族仲はかなりよく、それによりサンジ奪還作戦でも妹プリンに協力したいシフォンの考えもあり、麦わらの一味とより仲間意識が芽生えやすい状況となったといえます

しかし、完全に屈服したのではなく、心のなかでは虎視眈々とビッグ・マム討伐をもくろんでいたよう

シャーロット・カタクリやタマゴ男爵らをはじめとした幹部に認められ、サンジとプリンの結婚式の護衛の全権を任されるなど、かなりの信頼を得ていたことや、ビッグ・マムの弱点であろうマザー・カルメルの写真に気付くなど、かなり注意深く、頭がきれる人物であるといえます

ベッジの「傘下となる」選択はのちに大きなメリットを生み出したといえるでしょう。

  1. 部下を失わずにすんだ
  2. 妻と子に恵まれた
  3. 結果的に麦わらの一味の勝利に貢献した
  4. ジェルマ暗殺が阻害された
  5. ビッグ・マムから逃れることができた

もし、ベッジがビッグ・マムに抵抗していたとしたら、部下を大幅に失い、麦わらやジェルマも窮地に陥っていたかもしれません。そうなるとベッジはビッグ・マムのもと逃れることすら難しかったでしょう。

ベッジの判断、そして屈服してもなお、ビッグ・マム討伐をあきらめなかったことが大きかったのではないでしょうか。




まとめ

ホールケーキアイランド編で一転、かなりの人気を得たベッジ。

麦わらの別々の航路に出ていますが、今後再登場する可能性はかなり高いと思います。

その際、新しい船はどうなっているのか、ベッジは「黒城」となっているのか。

今後の展開が楽しみですね。

【星のロミ】【漫画村.club】の詳細と危険性について


2019年6月に入り突如として出現・話題になった

  • 星のロミ
  • 漫画村.club

 

巷では漫画村の復活を喜ぶ人もいますが、実はかなり危険であることが調べてわかりました。

更にはすでに

「1ページも読み込めない」

などと言った声も上がっています。

星のロミ、漫画村.clubの実態は一体なんなのかを徹底調査しましたので、ぜひご覧ください。

 

 


ワンピース考察一覧

ワンピース大好きな管理人がワンピースについて徹底考察しています。

過去に張られた伏線から最新話の伏線までいろんな角度から考察しているのでワンピース好きの人はぜひ見てみてください!