最新話のネタバレ・感想

きっと愛してしまうんだ。 | 【31話】の【モトカノ】のネタバレあらすじ・感想!


2018年7月6日にプチコミック2018年8月号できっと愛してしまうんだ。が掲載されました。

きっと愛してしまうんだ。| 最新話【31話】の【モトカノ】の最新話のネタバレあらすじと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

 

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。
絵つきできっと愛してしまうんだ。を読みたい!という場合はmusic.jpがおすすめです!
今すぐ読みたい方はmusic.jpに無料キャンペーンに登録してみてください。

 

▼30日間無料キャンペーン中!▼

※30日以内に解約すれば違約金はかかりません。




きっと愛してしまうんだ。 31話のネタバレあらすじ

【谷地くんが茉莉さんのことを話してくれた】

 

 

【11年の交際悔いの残る別れ】

 

 

【うちに来た茉莉さんはとても かわいらしい女性だった】

 

 

「谷地くん」

「私そろそろ会社行くね」

谷地「藤田」

谷地「朝ごはんどうするの?」

「途中 コーヒースタンド寄れそうで」

「少しつまんで行く」

「じゃあね」

 

ビクッ

 

谷地「……。」

「……。」

 

 

「ごっごめんねっ」

 

「だって」

 

「リップつけたてで!!」

 

「リップ…」

「移っちゃうから…」

 

ほっぺにちゅーをする谷地。

 

「ファンデ…」

 

谷地「ごめんね!!」

 

むぎゅ――――…

 

「谷地くん!!」

「時間!!」

 

「ごめんいってきます!!!」

 

ガラッ

 

 

谷地「この花」

谷地「クチナシだっけ」

谷地「あの抜け道の路地の」

谷地「匂い…」

 

 

【茉莉さんのことは今は過去でしかない―――】

 

 

【なのに 今でもとても とても 大きな ことなんだ―――…】

 

 

「藤田さ―――ん」

「ちょっといいですか―?」

 

「この荷物郵便番号と住所が合いません」

「え!!ごめんね!!今調べる!!ありがとう!!」

「藤田さんがこんなミス珍しいですねー」

 

「藤田さんどうしたんです?」

「最近沈んでません?」

「わけ話してくださいよ水くさーい!!」

「私たちちょっと心配で…」

 

 

【”平気だ”って思おうとしている】

 

 

【二人に茉莉さんのこと聞いてもらいたい】

 

 

(あ…)

(ダメだ…)

 

「そ そうかな?特に何もないよ?」

「ホントですか?」

 

「佐内―――熊谷主任呼んでる」

佐内「今 行きます」

 

 

佐内「谷地さん」

佐内「少し時間もらえませんか?」

谷地「佐内」

 

 

佐内「藤田さんこのところ元気ないですね」

佐内「何かありました?」

佐内「里中たちも今日尋ねてました」

佐内「ケンカでもしたんですか?」

 

佐内「藤田さんと別れそうなら言ってください 次 俺が行きますから」

谷地「…おまえ やっぱデリカシーないね」

佐内「チャンスですから」

谷地「ほんとムカツク…」

 

谷地「でも佐内なら」

谷地「客観的」

谷地「合理的に見てくれるかもな」

谷地「俺 どうするのがいいんだ?」

谷地「教えてくれ」

 

 

佐内「うわ 元カノ怖いっすねー 粘着ですか?」

谷地「…言うと思ったよ」

谷地「別れはサイアクだったけど」

谷地「そばにいる時は好きだった」

谷地「あんま彼女悪く言わないでよ」

佐内「そりゃまあ…」

佐内「11年もつき合えたらならそうでしょうね」

佐内「そもそも茉莉さん何をしに来たんです?」

 

 

【―――谷地くんはあの日茉莉さんと別れて急いで帰ってきた―――】

 

 

【この家に 足早で帰ってきたんだ―――】

 

 

(クチナシ)

(もう終わりだな)

 

コンコン

 

茉莉「すみません」

「茉莉さん…」

茉莉「…こんにちは」

 

茉莉「俊輔」

茉莉「いますか?」

「谷地くん釣りに出かけてて…」

茉莉「そうですか」

 

茉莉「じゃあ帰ります」

茉莉「何度も押しかけてごめんなさい」

 

(え!?)

 

「あ…あの」

「遠くからわざわざ来てるのに」

「なんで谷地くんに都合を聞いてから来ないんですか?」

茉莉「俊輔とは今SNSも携帯も繋げてないの」

茉莉「ブロックされてるかもしれないから」

茉莉「怖くて聞けないし」

 

茉莉「…それじゃ」

茉莉「お邪魔しました」

「ま…待ってください!!」

「茉莉さん!!」

「うちに…」

「上げるわけにはいかないけど」

「少し」

「話しませんか?」

 

 

「私はアイスコーヒー」

茉莉「私は」

茉莉「温かい紅茶を」

 

 

【どうして引き留めちゃっちゃんだろう…。】

 

 

(どっどーしよ)

(彼氏の元カノって)

(何をどんなふうに)

(喋ったらいーの?)

 

茉莉「昨日までまたこっちに出張で」

茉莉「私だけもう一泊したんです」

 

「あの」

「谷地くんから聞きました」

「長くつき合ってた…って」

茉莉「やだ」

茉莉「俊輔喋っちゃったの?」

茉莉「実はそうなの」

 

「私 藤田と言います」

「藤田 歩です」

茉莉「藤田さん…て」

茉莉「俊輔の会社の方?」

茉莉「確か同期は二人だけ…って」

「ええ」

「そうです」

 

茉莉「職場で最初から俊輔の特別な立場で」

茉莉「つき合えば同棲」

茉莉「しかも美人」

茉莉「いいなあ」

 

茉莉「彼氏の元カノが」

茉莉「突然 訪ねて来ても追い返すどころかお茶に誘っちゃうくらい」

茉莉「余裕あるわけよね」

 

 

【どうして私】

 

 

【茉莉さんを引き留めたかわかった】

 

 

「違います」

「私」

「そうまでして茉莉さんが谷地くんに会いに来る理由を」

「知りたいんです」

 

 

谷地「なー善ちゃん」

谷地「俺が昔 隣で泣いたの覚えとる?」

善六「覚えとるちょうどここだったが」

谷地「うん」

善六「長いことつき合った女の子と別れたり住む場所探したりで」

善六「大変そうだったもんな」

谷地「善ちゃんが淹れた」

谷地「コーヒーをもらって」

 

 

【気を抜くと怒りや後悔が押し寄せてきて息も継げなかった】

 

 

谷地「ホント」

谷地「ふいに…」

善六「そん時に俊ちゃんの中で何かようやく終わったかもしれんなあ」

善六「それまでずうっと」

善六「自分が生きとることすら忘れとったんじゃないか?」

 

善六「その時間が終われば」

善六「悲しむも喜びも全て」

善六「自分の心が自分自身に還ってくる」

善六「そしたらどれだけ時間がかかっても人は立ち直れるって俺思うんだわ」

 

 

茉莉「私俊輔とつき合っててずっと怖かったの」

茉莉「だって俊輔はすごくモテた今もそうでしょ?」

茉莉「誰よりも一番そばにいないと気が気でなくて」

茉莉「だから」

茉莉「休日に ほかの人と釣りにやるなんてこと」

茉莉「私にはとても…」

茉莉「―――高校まではそれでもよかった世界も狭いし」

茉莉「でも大学からは視野も広がって俊輔はどんどん先に行ってしまった」

 

茉莉「…ずるいです」

茉莉「藤田さん」

茉莉「私が11年必死に守り続けてきた 俊輔の隣を」

茉莉「ただの偶然で易々と手にして」

茉莉「しかもそのための努力なんにもしてないから余裕綽々でいられるんでしょう!?」

 

 

【―――悲鳴―――…】

 

 

「余裕…に見えるのかな」

「信じてるだけだと思う」

茉莉「それが余裕…!!」

 

「私だって谷地くんと出会って一対一で気持ちを育ててきたんです」

「年月の長さで 私は茉莉さんに敵わない」

「それでも私は」

「この気持ちが充分に信ずるに足ります」

 

 

『綾野ちゃん』

 

 

茉莉「…私が」

茉莉「”俊輔を取り戻しにきた”と言っても?」

「ええ」

 

ぱしゃん!

 

茉莉「さようならお幸せに…!!」

 

 

(紅茶じゃ)

(なかった…)

(とはいえずぶ濡れ…)

 

 

【きっと私も熊谷さんといたころは一人で悲鳴を上げていた―――…】

 

 

谷地「おかえり―――」

「谷地くん帰ってきてる!!」

 

谷地「え どしたの!?」

谷地「タオル」

谷地「持ってくる」

 

「実は」

「茉莉さんが来ていて…」

谷地「茉莉が…」

谷地「やったんだね?」

「待って!!」

「谷地くん」

 

「茉莉さんは熱い紅茶を持ってたのに」

「グラスに持ち替えて水をかけたの」

 

谷地「…だから!?」

 

「私のこと傷つけたくてやったんじゃない」

 

 

【胸がつかえてる】

 

 

「あのね谷地くん」

「茉莉さんは自分から谷地くんに連絡できない」

「谷地くんがブロックしてたら怖いから」

「今は何も繋げてないんだって」

 

 

谷地『”?”』

谷地『”知らない番号”』

 

 

谷地(あれは誰かにわざわざ携帯を借りて…)

 

 

「谷地くん」

「それでも茉莉さんは」

「会いに来たんだよ」

 

 

【そもそも茉莉さん何をしに来たんです?】

 

 

『”何かようやく終わった”』

『”それまでずうっと生きとることすら忘れとった”』

 

 

【そうだずっと胸がつかえてる】

 

 

「…谷地くんにとって大きかった11年は」

「茉莉さんにとってもとても大きな11年だと思う」

 

 

【忘れてた自分の心を 自分自身に還すため―――】

 

 

谷地「…藤田」

谷地「あと 一度だけ茉莉に会わせて」

 

 

【―――知ってる】

 

 

【本当は 不安が同じ高さでせめぎ合ってる】

 

 

【でも谷地くんは私を裏切らない 絶対にだ】

 




 

 

きっと愛してしまうんだ。最新話・最新刊を無料で読む方法!

以上、きっと愛してしまうんだ。【31話】のネタバレを紹介しました。

文字だけじゃなくてやっぱり絵付きで読みたい!もしくは絵付きで読みたくなった!

という方におすすめなのがmusic.jpです。

music.jpであれば30日間の無料体験があり、無料体験に登録すると961ポイントがもらえます。

そのポイントを使用することで「きっと愛してしまうんだ。」が無料で読めます。

30日間の無料体験期間中に解約すれば一切お金はかかりませんので、ぜひ絵付きで読んでみたい方はmusic.jpに登録して読んでみてください。

 

▼30日間無料体験で961Pゲットして今すぐ読む!▼

 

解約方法は以下のボタンからご覧ください。

※無料期間中に解約すれば違約金もなく解約可能です。




きっと愛してしまうんだ。 31話の感想

茉莉さんにもし水をかけられたら私も水をかけたい

正当防衛だあああwww

歩は優しいねw でも自分のことを大事にしてほしいな

谷地くんが怒る気持ちもわかる

まとめ

以上、きっと愛してしまうんだ。 | 最新話【31話】の【モトカノ】のネタバレ・感想を紹介しました。

 

漫画は絵と一緒に読むことで面白さが倍増します。

もし絵付きで読みたくなった場合は電子書籍サイトがおすすめです。

「どの電子書籍サイトでも一緒じゃないの?」

と思っている方は騙されたと思って下記の電子書籍まとめ記事を御覧ください。

 

今は無料体験時にポイントが沢山もらえるサービスも数多くあるので、その中でもおすすめなサービスをご紹介しています。

 

\書店で買うより圧倒的に電子書籍の方が安く読める!/

 

 

※2019年6月に登場した【星のロミ】【漫画村.club】の詳細については別記事でまとめています。
 
 
\星のロミ・漫画村.clubの詳細と危険性は以下よりご覧ください/
 

 

▼【ワンピース】悪魔の実130種類まとめ




週刊少年漫画のネタバレ一覧!

  • ジャンプ
  • ヤングマガジン
  • サンデー
  • マガジン
  • チャンピオン
  • ヤングジャンプ

各種少年漫画雑誌のネタバレを一挙に見るには以下をチェック!

 

週刊少年漫画雑誌のネタバレ一覧はこちら!

 

【星のロミ】【漫画村.club】の詳細と危険性について


2019年6月に入り突如として出現・話題になった

  • 星のロミ
  • 漫画村.club

 

巷では漫画村の復活を喜ぶ人もいますが、実はかなり危険であることが調べてわかりました。

更にはすでに

「1ページも読み込めない」

などと言った声も上がっています。

星のロミ、漫画村.clubの実態は一体なんなのかを徹底調査しましたので、ぜひご覧ください。

 

 


ワンピース考察一覧

ワンピース大好きな管理人がワンピースについて徹底考察しています。

過去に張られた伏線から最新話の伏線までいろんな角度から考察しているのでワンピース好きの人はぜひ見てみてください!