最新話のネタバレ・感想

この愛は、異端。 | 最新話【19話】のネタバレあらすじ・感想


ヤングアニマルでこの愛は、異端。19話が掲載されました。

本記事ではこの愛は、異端。| 最新話【19話】の最新話のネタバレあらすじと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

この愛は、異端。 | 最新話【18話】のネタバレあらすじ・感想ヤングアニマルでこの愛は、異端。18話が掲載されました。 本記事ではこの愛は、異端。| 最新話【18話】の最新話のネタバレあらすじと感...

 

 

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。
絵つきでこの愛は、異端。を読みたい!という場合はmusic.jpがおすすめです!
今すぐ読みたい方はmusic.jpに無料キャンペーンに登録してみてください。

 

▼30日間無料キャンペーン中!▼

※30日以内に解約すれば違約金はかかりません。




この愛は、異端。| 最新話【19話】のネタバレ・感想

バアル「結婚・・・

    してやってもいい・・・」

よしの「・・・・・・・・・

    バアル・・・?」

バアル「よしの・・・

    私の・・・鞄を・・・」

サタンに支えられながら、バアルは苦しそうに言った。

床に転がっている鞄めがけて、よしのは走り出した。

パパ「よしの・・・!!?」

よしの「バアル・・・!これね!?」

バアルの元に持っていき、確認をする。

バアル「・・・開けて・・・」

サタン「え・・・ちょっ え!?」

よしのは鞄を開けて中を見た。

よしの”これは・・・!!この間の・・・”

見覚えのある箱と婚姻届けが入っていた。

よしのは震える手で箱にかかっているリボンをほどいた。

中には輝く石のついた指輪が納まっていた。

 

バアル『ハリー・ウィンストンを

    どう思います?』

 

よしの”あれは・・・こお事・・・

    じゃあ 大事な話って・・・”

よしの「ハリー・ウィンストン・・・」

バアル「よしの・・・あなたが望むなら・・・」

サタン「・・・・・・・・・!」

バアル「あなたが生きている間

    私は人として・・・

    あなたの夫として生きる。

    子供だって・・・」

よしの「!!!」

バアル「大丈夫・・・

    子供は人間だ・・・

    私の仲間が実証した。

    ・・・この間の休暇で見て来た・・・」

よしの「 ! 」

バアル「・・・だが・・・

    ・・・あなたの死後は・・・

    私は あなたを妻として

    その魂を地獄へ連れて行く・・・

    そして魂が滅び去るその日まで

    共に過ごす。ずっと・・・

    むろん地獄へは

    この現世で産まれた子は

    連れて行かない・・・

    よほどの事がない限り

    天国行きだろう・・・

    地獄では また別の

    子供を作る事になる・・・

    おそらくそちらでの子は・・・

    人の姿はしていまい・・・」

よしの「・・・・・・」

バアル「それから・・・

    私の・・・仕事はこれからも

    変わる事はない・・・

    ---人々に

    ・・・人々に罪悪を広め

    陥れ 絶望を与え

    犯し殺し・・・・・・

    魂を奪う事・・・

    理解・・・してもらわねばならない

    ・・・・・・・・・」

パパ ママ「 ! 」

ラファエル「な・・・何を・・・」

サタン”お前・・・・・・”

バアル「・・・あなたの望みは・・・

    『結婚をして子供を産み

    家庭を築く事』・・・

    虚構ではない・・・

    ---本物の家庭・・・

    ・・・全て・・・叶える・・・」

ラファエル「騙されてはならない・・・!!!

      悪魔の甘言です・・・!!!

      きっと全てが嘘でーーー」

サタン「てめぇ黙ってろ

    ラファエル!!」

よしの”・・・あんたが ここのところ

    ずっと おかしかったのは・・・”

よしのはバアルの前にしゃがんだ。

よしの「私の事・・・

    愛してる・・・?」

ラファエル「 !!! 」

パパ ママ「 !!! 」

バアル「・・・さぁ・・・

    ・・・どうですかね・・・」

バアルは力なくうなだれたまま、小さく答えた。

サタン「バッ・・・そこはっっ

    ウソでもいいから愛してるって

    言うんだよ!!!」

サタンが慌ててバアルに耳打ちをする。

バアル「・・・・・・・・・」

よしの「・・・・・・」

よしのは真っ直ぐにバアルを見ていた。

そしてスッ・・・と立ち上がった。

サタン「あっ・・・

    ちょっ・・・」

その様子にパパとママがホッ・・・と胸をなでおろす。

ママ「よしの・・・!」

よしのはパパとママに近寄った。

よしの「パパ・・・ママ」

パパ「よしの・・・」

嬉しそうによしのの名前を呼ぶパパの横で

ママが何かに気付く。

よしの「ごめんなさい、私

    これから最低の親不孝をする・・・」

そう言うとバアルが用意していた指輪を、左手の薬指にはめた。

パパ「なっ・・・!?よしの!?

   何を考えているんだ!!!

   だめだ 絶対許さない!!!

   そんな奴と・・・ッッ」

ママ「・・・」

 

サタン「おいっ」

バアル「・・・・・・・・・」

バアルはゆっくりと顔を上げる。

 

パパ「だめだっ」

よしの「聞いてたでしょ。

    あの人ずっと私の事

    守って来たんだよ」

パパ「で・・・でもっっ

   旭蒼也という青年を・・・っっ」

よしの「そうだね・・・でも・・・」

よしのは振り返り、バアルの前に立った。

よしの「バアル・・・

    私が旭君にキスされた日・・・

    私が彼に言った言葉・・・

    覚えてる?」

 

『あの男を 愛してる・・・』

 

バアル「・・・・・・・・・えぇ・・・」

よしの「・・・あんたは あの日 あれを

    ウソだと思ってたみたいだけど

    私 あの日

    一つもウソはついてないよ」

バアル「・・・・・・!」

よしの「バアル 私はあんたを

    愛してる

    たとえ あんたが

    罪悪の権化でも」

よしのの目から涙がこぼれた。

バアル「・・・・・・よしの・・・」

よしの「バアル・・・

    あんたがずっと・・・

    私を守ってくれたんだね・・・

    奇蹟なんかじゃなく」

よしのはバアルの頬に触れた。

よしのとバアルの視線が重なる。

よしの「なんで・・・

    今まで・・・黙って・・・!!!」

ラファエル「・・・・・・」

パパ「よしの・・・」

ママ「・・・・・・

   よしの あなた・・・

   あなたは若くてまだまだ未熟で

   この男と結婚して

   子供をもうけるという意味が・・・

   それがどれだけあなたに

   重荷としてのしかかるのか・・・

   分かって言ってるの?」

よしの「・・・・・・・・・

    ・・・ママの言う通り

    私は未熟で・・・

    何も分かってないと思う。

    いつか後悔するかもしれない・・・

    この決断が正しい自信もない。

    でも・・・

    ここで 彼を選ばなければ

    生涯 後悔し続ける事だけは分かってる。

    ・・・パパ・・・ママ

    私ね もう

    パパとママが思ってるような

    1人では何も決められなかった

    小さなよしのじゃないんだよ・・・」

ママ「・・・幸せなの?」

よしの「・・・うん」

パパ「でっ・・・でも よしの!!!

   そいつは さっきお前の事ッッ

   愛してるだなんて一言も・・・っっ!!」

 

よしの「バアルは

    私を 愛してる」 

 

よしのの言葉に、バアルの表情が緩む。

パパ「でもっ・・・」

よしの「つらい事もたくさんあったけど

    それはずっと

    彼に心が無いと思っていたから・・・

    でも・・・今なら分かる。

    彼の行動が全てを指し示してる。

    パパだってもう

    分かってるんでしょ・・・?」

パパ「・・・!!!」

よしの「・・・

    パパとママに・・・

    アルバム見てほしかったな・・・」

パパ「・・・!」

ママ「・・・見てたわよ。

   毎年お盆に

   その男から渡されて・・・」

よしの「 ! 」

 

よしの”バアル・・・

    あんたって本当に・・・

    不器用だなぁ・・・”

 

よしの「じゃぁ・・・

    分かってるよね?

    もう・・・・・・」

ママ「・・・・・・

   ・・・えぇ」

ママが優しく微笑む。

ラファエル「・・・・・・ッ

      よろしいのですか・・・?

      あなたはこれで

      神の加護も恩恵も

      全て失うのですよ・・・!」

よしの「構いません。

    これまでだって私を守ってくれたのは

    バアルだけでしたから・・・」

ラファエル「 !! 」

よしの「・・・パパ ママ

    今まで・・・ずっと気苦労かけて

    ごめんなさい。

    それから ありがとう・・・

    でも もう 私は大丈夫。

    彼と一緒になります」

パパ「なっ・・・」

ママ「・・・・・・

   分かった」

パパ「ママ!?」

ママ「あの子がちゃんと決めた事だもの

   私たちが応援しないでどうするの」

パパ「でもっ・・・」

よしの「・・・」

ママ「べリアルさん

   これからも よしのを頼みます」

ママは真っ直ぐにバアルを見た。

パパ「ちょっ・・・」

バアル「・・・・・・ふん

    言われるまでもない・・・」

パパ「ママ!!?

   だって 悪魔だよ!!?」

ママ「よしの

   パパは私に任せて」

よしの「うん・・・

    ・・・・・・・・・」

勢いよくバアルを振り返った。

よしの「婚姻届・・・」

サタン「あぁ」

よしの「ここに署名と血印でいいんですか?」

サタン「ん・・・そう」

よしのが婚姻届けにサインをすると

光がよしのを包み込んだ。

よしの「お願いします」

サタン「ああ 受理した」

サタンに婚姻届を渡すとボッ・・・と

手の中で消えた。

バアル「・・・・・・・・・

    ラファエル・・・」

ラファエル「・・・」

バアル「・・・契約書だ。

    やる・・・」

ラファエル「・・・・・・」

ラファエルは渡された契約書を破いた。

サタン「取引成立・・・だな?」

ラファエル「えぇ・・・

      そうなりますね」

サタン「いいじゃねぇか。

    お前の勝利だぜ?」

ラファエル「どうだか・・・」

サタン「・・・・・・さ

    もう行くぞ べリアル」

よしの「え・・・?」

寄り添っていた体が離れる。

サタン「こいうつもうかなりヤバイんだよ。

    ・・・早く地獄で回復させないと・・・

    この傷じゃあ半年はかかる」

よしの「 ! 

    そ・・・そんなに・・・!?

    大丈夫なんですか!?」

サタン「あぁ・・・

    羽も腕も再生させねェと・・・」

バアル「・・・よしの

    ・・・すい・・・

    ・・・・・・はん・・・」

サタン「何だ!?」

よしの「 !? 

    何!?すいはん!!?」

バアル「・・・・・・炊飯・・・器・・・」

パパ ママ「!!?」

バアル「炊飯器・・・の・・・

    使い方ですが・・・

    まず・・・お米を洗剤で洗っては・・・

    いけません・・・」

よしの「ちょっ・・・

    それ中学の時の話っっ」

恥ずかしさでよしのの顔が赤くなる。

バアル「洗濯機・・・」

よしの「ボタンおせばいいんでしょう」

ママ「・・・」

バアル「バランス良く

    きちんと3食・・・」

よしの「分かってるって!!!」

バアル「肩とお腹・・・」

よしの「肩とお腹も冷やさないし

    歯もみがくし

    スナック菓子も食べないしっっ

    人間の男にも気をつけるしっっ

    前にもらったお守りもつけるからっっ!!!」

バアル「・・・・・・よろしい・・・

    こちらでの・・・婚姻届も・・・

    区役所に提出お願いします・・・

    あなたが間違えないよう

    下書きもしてありますから・・・」

よしの「分かった」

バアル「あと・・・家賃は

    私の口座から毎月自動で降りるので

    心配なく・・・

    私の通帳はいつもの場所です」

よしの「うん 大丈夫だよ」

バアル「・・・・・・あぁ・・・

    これで少し・・・

    安心・・・しました・・・」

 

ザラ・・・

 

サタン「お前・・・もう・・・」

バアルの腕が崩れた。

よしの「バアル!?」

サタン「魂が・・・壊れ・・・」

よしの「 !!! 」

サタン「帰るぞ!!」

サタンがバアルを支えたまま立ち上がった」

よしの「どっ・・・どうしたの!!?

    何が・・・」

バアルとサタンの様子によしのは不安になる。

サタン「助かるか分からん」

よしの「 !!! 

    そんな・・・!!」

パパ ママ「 ! 」

よしの「バアル!!!」

サタン「・・・・・・行くぞ!」

バアル「・・・・・・・・・」

サタン”クソッ・・・

    意識ももう無いか・・・”

よしの「バアルッ!!」

サタン「じゃあな お嬢さん

    ・・・無事戻って来れたなら・・・

    またウナギ食いに行こう。

    結婚おめでとう」

よしの「・・・・・・っっ」

サタン「じゃーな ラファエル

    メリー・クリスマス!」

ラファエル「 ! 」

 

ザアァ

 

サタンとバアルは姿を消した。

ラファエル「・・・・・・全く

      理解できない・・・」

2人が消えた空を見ながら、ラファエルは呟く。

ラファエル「これがあなた自らが

      本当に選んだ道なのですか・・・」

よしの「・・・・・・・・・

    ・・・・・・そう

    私が自分で選んだの・・・

    これが・・・私の本当の望みで・・・

    最後の願い・・・」

よしのは涙を流しながら笑った。

ラファエル「 ! 」

よしの「・・・・・・バアル・・・

    死んじゃうの・・・?」

ラファエル「 ! ・・・・・・さぁ

      ただ・・・彼は昔から

      とてもしぶといのでね・・・

      そう簡単に死んでくれるなら

      こちらとしても楽なんですがね・・・」

よしの「・・・・・・うん・・・」

ラファエル「さて ご両親・・・

      そろそろ行きますよ」

パパ「あ・・・」

よしの「パパ・・・ママ・・・

パパ ママ「よしの・・・」

ママ「大丈夫よ よしの

   人生 なるようになるわ。

   幸せにね・・・」

よしの「うん・・・」

ラファエル「行きましょう」

抱き合う3人にラファエルが声を掛ける。

パパ「よしの・・・」

よしの「・・・ごめんね パパ

    ありがとう」

パパ「うん・・・」

潤んだ目でみつめるよしのをパパは抱きしめた。

ラファエル「では・・・」

ママ「いつも・・・見守ってるから・・・」

よしの「・・・・・・うん・・・」

パパとママはラファエルの翼に包まれ消えた。

 

よしの”バアル・・・どうか無事でいて・・・”

 

 

聖夜

私は 罪悪の権化と

二度目の契約を交わした

 

お互いのすべてを対価とする

 

結婚という契約を・・・

 

 




この愛は、異端。の最新話・最新刊を無料で読む方法!

以上、この愛は、異端。【19話】のネタバレを紹介しました。

文字だけじゃなくてやっぱり絵付きで読みたい!もしくは絵付きで読みたくなった!

という方におすすめなのがmusic.jpです。

music.jpであれば30日間の無料体験があり、無料体験に登録すると600ポイントがもらえます。

そのポイントを使用することで「この愛は、異端。」が無料で読めます。

30日間の無料体験期間中に解約すれば一切お金はかかりませんので、ぜひ絵付きで読んでみたい方はmusic.jpに登録して読んでみてください。

 

▼30日間無料体験で600Pゲットして今すぐ読む!▼

 

解約方法は以下のボタンからご覧ください。

※無料期間中に解約すれば違約金もなく解約可能です。




この愛は、異端。| 最新話【19話】の感想

不器用なバアルの気持ちを理解しているよしのに、深い愛を感じました。

バアルの愛、パパママの愛、とても温かい回でしたね。

やっと結ばれたけど、バアルの怪我で離ればなれ・・・

バアルは生きて帰ってくるのか・・・?続きが気になります!

まとめ

以上、この愛は、異端。| 最新話【19話】のネタバレ・感想を紹介しました。

 

漫画は絵と一緒に読むことで面白さが倍増します。

もし絵付きで読みたくなった場合は電子書籍サイトがおすすめです。

「どの電子書籍サイトでも一緒じゃないの?」

と思っている方は騙されたと思って下記の電子書籍まとめ記事を御覧ください。

 

今は無料体験時にポイントが沢山もらえるサービスも数多くあるので、その中でもおすすめなサービスをご紹介しています。

 

\書店で買うより圧倒的に電子書籍の方が安く読める!/

 

 

※2019年6月に登場した【星のロミ】【漫画村.club】の詳細については別記事でまとめています。
 
 
\星のロミ・漫画村.clubの詳細と危険性は以下よりご覧ください/
 

 

▼【ワンピース】悪魔の実130種類まとめ

週刊少年漫画のネタバレ一覧!

  • ジャンプ
  • ヤングマガジン
  • サンデー
  • マガジン
  • チャンピオン
  • ヤングジャンプ

各種少年漫画雑誌のネタバレを一挙に見るには以下をチェック!

 

週刊少年漫画雑誌のネタバレ一覧はこちら!

 

【星のロミ】【漫画村.club】の詳細と危険性について


2019年6月に入り突如として出現・話題になった

  • 星のロミ
  • 漫画村.club

 

巷では漫画村の復活を喜ぶ人もいますが、実はかなり危険であることが調べてわかりました。

更にはすでに

「1ページも読み込めない」

などと言った声も上がっています。

星のロミ、漫画村.clubの実態は一体なんなのかを徹底調査しましたので、ぜひご覧ください。

 

 


ワンピース考察一覧

ワンピース大好きな管理人がワンピースについて徹底考察しています。

過去に張られた伏線から最新話の伏線までいろんな角度から考察しているのでワンピース好きの人はぜひ見てみてください!