最新話のネタバレ・感想

この愛は、異端。 | 最新話【21話】のネタバレ・感想


ヤングアニマルでこの愛は、異端。21話が掲載されました。

本記事ではこの愛は、異端。| 最新話【21話】の最新話のネタバレと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

この愛は、異端。 | 最新話【20話】のネタバレ・感想ヤングアニマルでこの愛は、異端。20話が掲載されました。 本記事ではこの愛は、異端。| 最新話【20話】の最新話のネタバレと感想をまと...

 

 

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。
絵付きでこの愛は、異端。を読みたい!という場合はU-NEXTで今すぐに無料で読めるのでチェックみてください。

 

▼31日間無料キャンペーン中!▼

31日以内に解約すれば違約金はかかりません。




この愛は、異端。| 最新話【21話】のネタバレ・感想

 

「・・・・・・元気そうだな」

 

 

なんで・・・

 

 

「---もっと早くに部下にでも色々

 報告させても良かったんだが・・・

 セーレもやられちまって動けないし

 知り合い以外は怖いだろうから

 俺が来ようとは思ってたんだが」

 

 

サタンさんが・・・?

 

 

サタン「俺も、あの後事後処理やらで

    忙しくてな。

    そうこうしてるうちに一年経っちまった。

    で・・・だ・・・」

 

 

バアルは・・・?

 

 

サタン「------すまん」

 

 

え・・・?

 

 

すまんって・・・

 

 

サタン「・・・せめてものお詫びに

    今日はこれを持って来た」

サタンはよしのに手紙を差し出した。

 

 

何・・・?

 

 

サタン「受け取ってくれ」

 

 

詫びって それ・・・

 

どういう・・・

 

 

よしのは震える手でその手紙を受け取った。

サタン「---今日は特に忙しい日でな・・・

    用はこれだけだし

    悪いが俺はこれで失礼するよ。

    ・・・じゃあな、お嬢さん・・・」

よしの「あっ・・・待っ・・・・・・」

サタンはよりのの前から姿を消した。

よしのは手にした手紙に視線を移した。

 

手紙・・・

 

・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・

 

ーーーこの中に・・・

全部 書いてあるの・・・?

 

バアルの事が・・・・・・?

 

見るのが 怖い・・・・・・

 

 

無事なら無事って言うよね?

そう言わないって事は・・・

 

まさか・・・・・・

嫌だ 考えたくない

 

・・・・・・でも・・・・・・

でも・・・・・・

私は・・・・・・

これを見なくちゃいけない

 

よしのは震える手で封を開け、中身を取り出した。

よしのは目を見開いた。

 

よしの「・・・・・・

    住所・・・?」

 

 

 

・・・結局サタンさんには

何も聞けなかった・・・

 

ーーー声なんて・・・出なかった・・・

 

よしのは手紙を手に、書かれていた住所の場所を探していた。

 

真実を知りたい。

・・・・・・でも怖い・・・

この住所に言ったら

 

知りたくない事実が

待ってるかもしれないのに・・・

 

 

恐怖と緊張でよしのの体は震えていた。

涙目のまま顔を上げると、そこには大きな家が建っていた。

よしの「え・・・」

 

ここだ・・・・・・

えっ・・・?

本当にここ?

 

よしのは手紙の住所をスマホで何度も検索した。

 

住所合ってる・・・

 

ここって・・・

この間完成したばっかの大豪邸だよね・・・

何でここ・・・?

インターホン押すにもちょっと勇気が・・・

 

インターホンを押そうと近づくと、表札が目に入った。

よしの「・・・・・・四宮・・・?」

 

私と同じ苗字・・・

親戚・・・?

まさか!!

こんなお金持ちいないよ!!

 

もしかして・・・

サタンさんのお詫びって・・・

 

 

バアルはもういないから

この家を私に・・・?

 

よしのは手を引っ込めた。

 

こんな家なんかいらないから

私はーーーーーー

 

ガチャッ

 

「よしの」

 

玄関が開き、名前が呼ばれた。

玄関から現れたその人に、よしのは目を奪われた。

「・・・ただいま、よしの。

 遅くなってしまい

 申し訳ありませんでした」

よしの目に涙が溢れる。

「回復まで時間がかかってしまって・・・」

 

よしの「バアルッッ・・・!!!」

 

よしのはバアルに抱き着いた。

 

よしの「どれだけ・・・っっ

    心配したと・・・っっ

    思って・・・」

 

バアル「---お正月も

    成人式も・・・お誕生日も

    全て・・・・・・

    側にいてあげられず

    寂しい思いをさせましたね・・・」

バアルはよしのの頭を優しく撫でた。

バアル「ですが今日の記念日には

    間に合いました。

    無事過ごせていたようで安心しました。

    これからはずっと・・・

    ずっと一緒ですよ・・・

    かわいい私のよしの・・・・・・」

バアルはよしのの頬を両手で包んだ。

 

バアル・・・・・・

 

バアル「ご心配をおかけしました・・・」

よりの「うん・・・

    うん・・・

    うん・・・」

よしのはバアルの胸で泣きじゃくった。

よしの「・・・・・・体・・・

    も・・・もう・・・

    大丈夫なの・・・?」

バアル「本調子というわけでは

    ありませんが、

    あなたを抱けるくらいには」

そう言ってよしのの唇にチュッとキスをした。

よしの「!!!」

よしのの顔がさらに涙で歪んだ。

よしの「ひっ・・・

    人がずっと心配してたのにっっ

    すごい心配してたのにっっ

    帰って来たと思ったら

    あんたわーーーーーーっっっ

    わっ 私っ・・・

    すごいっっ・・・

    待ってっ・・・」

バアル「ご・・・ごめんなさい・・・

    あの・・・もうその辺で・・・」

泣き叫ぶよしのに、バアルが慌てる。

よしの「うあ”あ”あ”ぁ”あ”ッ」

バアル「あ・・・あの・・・

    泣かないで下さい・・・

    いい子だからっ」

よしの「いい子じゃなくていいーーーっっ」

バアル「ほっ・・・ほら、よしの!!

    今から新居を案内しますから!!」

よしの「新居・・・?」

よしのがピタ・・・と泣き止んだ。

バアル「ここが新居です」

よしの「!!!」

この大豪邸ということに、よしのは驚いた。

よしの「えっ・・・ちょっ・・・

    えっっ!!?」

バアル「さぁ ほら 早く中へ」

驚くよしのを家の中へと促す。

バアル「まずは玄関!!!」

よしの「広ッッ」

 

バアル「次はリビング&

    ダイニングキッチン!!」

よしの「ふきぬけ!!?」

 

バアル「浴室!!!」

よしの「湯船でかっっ」

バアル「いちゃつけますよ!!」

よしの「あっ うん・・・」

 

バアル「子供部屋4部屋分!!!」

よしの「いや、3人まででいいよ!!

    むしろ2人でも・・・」

 

バアル「その他の部屋は置いておいて・・・

    こちらが・・・」

 

いつのまにこんなの・・・

 

バアル「寝室です!!!」

よしの「でかいっっ」

バアル「私の翼を広げてもぶつからない

    高さと広さ!!

    どんな喘ぎ声もベッドのきしみも

    決して漏らさぬ防音・耐震の

    安心設計!!!

    あらゆるアクロバティックな

    体位も思いのまま!!」

よしの「・・・・・・」

バアル「簡易シャワー室も

    トイレも完備済みです」

よしの「う・・・うん・・・

    こだわりを感じるよ・・・」

バアル「どうです!?

    気に入りましたか!?」

バアルはキラキラした目でよしのを見た。

 

あっ これ喜ばなきゃならないやつだ・・・

・・・・・・・・・

 

よしの「・・・うん

    ・・・すごくステキ・・・

    だけどさ・・・

    どんなサプライズよりも

    一言でいいから無事だって

    連絡が欲しかったよ・・・」

よしのは小さく言った。

バアル「え・・・

    ・・・ですが、サタンから

    定期的に連絡が来ていたでしょう?

    彼に任せていたのですが・・・

    今日だって手伝ってくれましたし・・・」

よしの「えっ 来てない・・・

    今日一年ぶりに会った・・・」

バアル「一年・・・ぶり・・・」

よしの「・・・さっきサタンさん・・・

    謝ってたな・・・

    ・・・・・・・・・って

    お詫びってもしかして・・・」

バアル「・・・・・・・・・・・・

    ・・・・・・・・・

    クリスマスというこの書き入れ時に

    ずいぶん快く案内役を

    引き受けてくれたものだなと

    不思議に思っていました・・・

    私の方にはあなたの事が

    伝わっていたのでてっきり・・・

    あの・・・それは本当に・・・

    ご心配おかけ致しました・・・」

 

サタンさん・・・私の扱い雑・・・!!!

 

バアル「・・・よしの

    色々と・・・ご心労を

    与えてしまいましたね・・・

    ですが、せめてこの現世では

    あなたに苦労はさせません。

    私の仕事の事で人間のあなたには

    気苦労が絶えないでしょうから・・・

    よしの

    これから・・・よろしくお願いします」

よしの「・・・・・・・・・

    うん・・・・・・」

よしのはバアルの手の中で笑った。

 

きっと・・・ママが言っていたように

私は まだ何も分かっていない・・・

でも 大丈夫 だってーーー

 

よしのとバアルはソファでアルバムを開いた。

バアル「この一年・・・

    よく一人で頑張りましたね・・・」

よしの「うん。生活していくのって

    すごく大変でお金もかかるって

    分かったよ・・・

    バアルが今までどれだけ色々

    してくれてたかも・・・

    ありがとう、バアル・・・」

バアル「ずいぶん・・・成長しましたね・・・

    よしの・・・」

よしの「うん・・・」

バアルは思い出すように遠くを見た。

バアル「---私のこの一年は・・・

    起き上がることも敵わず

    ただただ眠ってばかりでした。

    ・・・そんな中ずっと・・・

    あなたの夢ばかり・・・

    ---あなたが微笑むその瞳も

    怒りに震えるその唇も

    涙に濡れたそお頬も・・・

    その全てがーーー

    私の生きたこの数十億にも及ぶ

    悠久の時の中で眩いばかりに

    煌めいていました・・・」

バアルは目を細めた。

よしの「バアル・・・」

バアル「よしの・・・」

バアルの手がそっとよしのの頬に触れ

キスをした。

 

 

ーーーかつて・・・

・・・私に見せた優しさも

家族のように私に愛情を注ぐそぶりも

あの行動のーーー全てが

虚構ではなく・・・

無償の愛だったと知っているから・・・

 

唇が離れ、バアルはよしのの額にコツン額を重ねた。

バアル「あなたの花嫁姿を

    見るのが楽しみです」

 

 

【このあいは、いたん。】

第11話 [このまよけは、おさがり]

 

よしの「わ~~~♡

    破魔矢だ~♡初めてだよ!」

初詣でよしのは破魔矢を買ってもらった。

 

よしの「玄関!!玄関の上かざって!!」

バアル「はい。

    ここでいいですか?」

バアルは言われるがままに、破魔矢を玄関の上に飾った。

よしの「わぁっ♡

    かっこい~っっ!!

    う~~~~~~ん イイ感じ!

    すっごい魔除けになりそう!!」

よしのは目をキラキラ輝かせた。

バアル「魔除け・・・

    あぁこれそういう目的の・・・

    あの・・・私これ触っちゃいましたけど

    いいのですか・・・?」

よしの「えっ?なんで?

    だってこれ悪いまものとかから

    守ってくれるやつでしょ!?

    バアルにもきっと

    ご利益あると思うの!!!」

心配するバアルに、よしのはキラキラした目のまま答えた。

バアル「いいかげん私がなんなのか

    覚えてくれませんかね・・・」

 

 

第12話 [このむすめは、こあくま。]

よしの「バアル!

    おこづかい3000円ちょーだい!!」

バアル「3000円・・・?

    何に使うんですか?」

よしの「えーっ いいじゃん

    言わなくても!!」 

よしのはバアルにつっかかった。

バアル「ダメです。

    こういう事はきちんとしないと」

 

むぅ・・・

よしのはむくれた。

 

はっ・・・

よしのはひらめき、バアルにちゅっとキスをした。

バアル「!」

よしの「はいっ!!対価おわり!!

    3000円!!!」

スッとバアルの前に手を差し出す。

バアル「あなたねぇ・・・

    まったく・・・

    仕方がないですね・・・」

 

後日・・・

よしの「はいっ♡

    バレンタインのチョコあげるね!!」

よしのは恥ずかしそうにラッピングをしたチョコをバアルにあげた。

バアル「よしの・・・」

 

この為に・・・

 

バアルが感動したのも束の間・・・

よしの「でもバアルは食べないから

    私が食べてあげるねっ

    ホワイトデーはお返ししてね!!」

 

えぇ・・・

 

たとえ子供でも女は悪魔だと思う

聖バレンタインデー




この愛は、異端。の最新話・最新刊を無料で読む方法!

以上、この愛は、異端。【21話】のネタバレを紹介しました。

文字だけじゃなくてやっぱり絵付きで読みたい!もしくは絵付きで読みたくなった!

という方におすすめなのがU-NEXTです。

U-NEXTであれば1ヶ月間無料期間があり&フラワーが登録後にすぐ読むことができます!

さらにU-NEXTであれば、この愛は、異端。の21話・最新刊もポイントを使えば無料で読めます!

この愛は、異端。21話・最新刊を読みたい方、まだ読んでいない方はこの機会にチェックみてください。

▼31日間無料体験で600Pゲット今すぐ読む!▼

 

解約方法は以下のボタンからご覧ください。

※無料期間中に解約すれば違約金もなく解約可能です。




この愛は、異端。| 最新話【21話】の感想

サタンのせいで辛いすれ違いが起きていましたね・・・

震えるよしのを見るのは辛かったですが、再開できてよかった・・・!

大豪邸での新しい暮らし!2人の仲の良い姿がやっと見れますね!!!

まとめ

以上、この愛は、異端。| 最新話【21話】のネタバレ・感想を紹介しました。

漫画は絵と一緒に読むことで面白さが倍増します。

今までなら、

『漫画が読みたいなー』

と、思ったら漫画村といった無料で読めるサイトで読めばよかったのですが、

今は規制も厳しくなり無料で読むのは難しくなりました。

ですが、今は電子書籍サイトのサービス内容が非常に充実してきており、
実質無料で読めるサイトも少なくありません。

どの電子書籍サービスが一番オトクに読めるか別記事でまとめたので読んでみてください。

おすすめの電子書籍サービス一覧はこちら

週刊少年漫画のネタバレ一覧!

  • ジャンプ
  • ヤングマガジン
  • サンデー
  • マガジン
  • チャンピオン
  • ヤングジャンプ

各種少年漫画雑誌のネタバレを一挙に見るには以下をチェック!

 

週刊少年漫画雑誌のネタバレ一覧はこちら!

 

漫画村の代わりとなる電子書籍サービス


ネット上で漫画を読もうとしたりする際に

  • 無料漫画を調べてもなかなか見つからない
  • 漫画アプリじゃ有名作品は課金しないと読めない

 

そんな悩みを一発で解決する方法をご紹介しています。

 

 


ワンピース考察一覧

ワンピース大好きな管理人がワンピースについて徹底考察しています。

過去に張られた伏線から最新話の伏線までいろんな角度から考察しているのでワンピース好きの人はぜひ見てみてください!