最新話のネタバレ・感想

公爵令嬢の嗜み | 【42話】のネタバレあらすじ・感想!

[PR]マスク価格高騰が続いていますが、50枚わずか1,780円で楽天市場で買えます


2018年10月5日発売のヤングエースUPに公爵令嬢の嗜みの42話が掲載されました。

公爵令嬢の嗜み| 最新話【42話】の最新話のネタバレあらすじと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

公爵令嬢の嗜み | 【41話】のネタバレあらすじ・感想!2018年8月31日ヤングエースUPに公爵令嬢の嗜みの41話が掲載されました。 公爵令嬢の嗜み| 最新話【41話】の最新話のネタバレあ...

 

「公爵令嬢の嗜み」の単行本を無料で読む方法を別記事でまとめているので合わせてご覧ください。

『公爵令嬢の嗜み』を全巻無料で読む方法があるのか調査今回はKADOKAWAから発売された『公爵令嬢の嗜み』の最新5巻をふくめ、シリーズ全巻無料で読めるかを調べてみました。 まずは気になる...

 

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。
絵つきで公爵令嬢の嗜みを読みたい!という場合はmusic.jpがおすすめです!
今すぐ読みたい方はmusic.jpに無料キャンペーンに登録してみてください。

 

▼30日間無料キャンペーン中!▼

※30日以内に解約すれば違約金はかかりません。

公爵令嬢の嗜み 42話のネタバレあらすじ

「なるほど」

「中等部の設立ですか」

アイリス「ええ」

アイリス「専門知識の前段階である基礎的な知識を学ぶ場があればと思ったのですから」

「アイリス様にはいつも感心させられますなぁ」

 

アイリス「現在アルメリア領では読み書きと計算を専門に教える初等部と」

アイリス「研究を主とした高等部があります」

アイリス「ただ高等部の生徒は既に市井で仕事に携わっている方が多いでしょう」

アイリス「そうなるとどうしても専門的で高度な教育に偏ってしまう」

アイリス「ですから中等部を設立しようと」

アイリス「初等部に通う子供達にも新たな道が拓けるでしょうし」

 

「―――…それなら高等部の教育課程も変更されるのがいいでしょうな」

「今の高等部は専門的とはいえその分野の学問が全て混在した授業体系になっています」

「学ぶ量が膨大になってどの知識も広く浅く…といった問題が出てきている」

「例えば医療科を細分化するのであれば基礎は中等部で学ばせ」

「高等部は医療科と薬学科―――などに分けるのがいいかもしれません」

アイリス「なるほど…」

アイリス「そうですね それでいきましょう」

 

「―――それにしても」

「アイリス様は教育に関して並々ならぬ情熱を注いでおられますな」

「後の世代に貴女のような方がいて嬉しく思います」

「…そして尊敬も」

アイリス「……そんな」

アイリス「…私は皆に『力』を持って欲しいだけなのです」

 

アイリス「―――知識は力です」

アイリス「知識を持つことで選択肢の幅は広がり自らの力で生きていくことができる」

アイリス「仕事や生活の中でも良き判断をする事ができる―――」

アイリス「私はそう思っています」

 

 

ディーン「教会にわざわざ行くなんて珍しいですね」

アイリス「そう?国教だし蔑ろにするわけにもいかないじゃない」

アイリス「……私がお祈りに行っちゃおかしいかしら?」

ディーン「いえ…」

ディーン「お嬢様なら神様に祈る前に自分でなんとかされそうだなと」

アイリス「確かに…」

 

 

【―――ダリル教】

 

 

【すべての命を生みし母なる女神リルを祀る宗教】

 

 

【老若男女 貴賎問わずタスメリア王国の民 全てが信仰し】

 

 

 

【生から死まで人々の生活に深く根付いてる】

 

 

【かつては民救済の役割を担ってきた教会―――】

 

 

【でも今は―――】

 

 

アイリス「ラフィエル司祭はいらっしゃるかしら?」

ノーリュ「……」

ノーリュ「失礼ですが司祭になんの御用でしょうか」

アイリス「え…と」

 

ラフィエル「アリスさん!」

アイリス「ラフィエル司祭!」

ラフィエル「こちらに来るなんてどうされました?」

アイリス「いえ…近くまで来たのでお祈りにと」

ラフィエル「そうでしたか」

ラフィエル「私も外から戻ってきた所だったので…すれ違いにならなくて良かった」

ラフィエル「どうぞお座り下さい」

 

ノーリュ「…失礼致します」

ラフィエル「ありがとうノーリュ」

ノーリュ「……」

 

ノーリュ「…司祭この方は…」

ラフィエル「そんなに警戒しなくても大丈夫ですよ私の知人ですから」

ノーリュ「そうですか…」

 

アイリス「あの何かあったんですか?」

ラフィエル「いえ…」

ノーリュ「最近 ラフィエル様に取り次いで欲しいという女性が多いんです」

ノーリュ「中には直接的な行動される方もいますから」

 

ラフィエル「ノーリュ!」

 

ラフィエル「滅多なことを言わないで下さい」

 

ラフィエル「それにアリスさんは教会に寄付して」

 

 

ラフィエル「下さってるんですから」

 

ラフィエル「失礼のないように!」

 

ノーリュ「…失礼致しました」

 

パタン

 

ラフィエル「…お恥ずかしい所をお見せして…」

アイリス「随分 慕われているのですね」

ノーリュ「……」

ラフィエル「ええ ノーリュは私がこの教会に来る前から一緒ですから」

ラフィエル「身の回りの仕事を取り仕切ってくれて助かっています」

 

 

ラフィエル「…あのそちらは以前街でお会いした―――?」

ディーン「挨拶が遅れました」

ディーン「アリス様と同じ職場で働いているディーンと申します」

 

ディーン「司祭は今日も街へ往診へ…?」

ラフィエル「ええ」

ラフィエル「…今の聖職者にしては珍しい有り様でしょう?」

ラフィエル「わかっております」

 

ラフィエル「―――以前の教会は民たちの守り手だったんですけどね…」

ラフィエル「いつからか変わってしまった」

ラフィエル「今のダリル教は富に目がくらみ自らを守るだけの哀れな貴族もどきです」

アイリス「……」

ラフィエル「国教と定められてからは」

ラフィエル「タスメリア王国から金銭的な援助が出るようになりました」

ラフィエル「しかし ほとんどの教会は そのお金を自らの生活向上に使い始めた」

ラフィエル「挙句寄付金にも手をつける始末 腐敗は止まりませんよ」

 

ディーン「…いいのですか」

ディーン「そのような話を私たちに聞かせて」

ラフィエル「事実ですから」

 

ラフィエル「私は以前 王都のダリル教中枢にいたのです」

ラフィエル「内部の事情は嫌になる程知っています」

ディーン「……!」

アイリス「そんな方が何故アルメリアに……」

ラフィエル「―――故郷に帰ってきただけの話です」

 

ラフィエル「―――私の家は貧しい暮らしで教会は正に救いだった」

ラフィエル「食事を貰い」

ラフィエル「病にかかれば治療をしてもらい」

ラフィエル「数学も教えて頂いた」

ラフィエル「自分もシスターのようになりたいと思うのに時間はかかりませんでした」

 

『シスターは正義の味方ですね!』

 

ラフィエル「そんな私にシスターは司祭を養成する学園を要請する学園を勧めて下さった」

ラフィエル「その後 順調に進み本部へ配属されたのはいいのですが…」

ラフィエル「利権争い」

ラフィエル「派閥」

ラフィエル「私利私欲に塗れた生活―――」

ラフィエル「まるで貴族のようだった」

ラフィエル「人々を助けるでもなく必死になって自分の立ち位置を守るだけの自分―――」

 

 

『ノーリュ』

『私はここを出ます』

『……!』

『…それならば私もお連れ下さい』

 

 

ラフィエル「憧れは粉々に砕かれ逃げるようにこの教会へ来たのです」

ラフィエル「今はやりたい事もやれていますし」

ラフィエル「ようやく楽に息が吸えるようになった気がします」

アイリス「そうでしたか…」

 

ラフィエル「あの…」

ラフィエル「以前 アリスさんはお家が商家だと仰っていましたよね」

 

ラフィエル「アルメリア家のご令嬢にお会いした事はありますか?」

アイリス「いえ…私は一度も…」

ディーン「……」

ラフィエル「そうですよね…突然すみません」

ラフィエル「もし懇意にされているのであればお会いしたいな…と」

ラフィエル「なんて図々しいですね」

ディーン「失礼ですがなぜお会いになりたいと?」

アイリス「……」

ラフィエル「お礼を言いたかったんです」

ディーン「お礼?」

ラフィエル「ええ…」

 

ラフィエル「お世話になったシスターが亡くなったこと教会が売りに出されていたこと…」

ラフィエル「最近になって知りました」

ラフィエル「教会存続のためご令嬢が動いてくださったと聞いています」

ラフィエル「シスターの志を継いでくださったお礼を…と」

 

 

【移転を進めてる教会のことか…】

 

 

ディーン「同じ領内にいえご存じなかったのですか?」

ラフィエル「……ええ」

ラフィエル「…知らなかったというより―――知ろうとしなかったが正しいでしょうか」

 

ラフィエル「―――教会に助けられていた頃ミナという女の子がいて」

ラフィエル「学園に行った後も教会の近況を書いた手紙をくれていたんです」

 

 

『ラフィエルさん学園へ行かれるんですか!』

『素敵な司祭様になったまたこの教会に来てくださいね』

『私 応援してますから!』

 

 

【ミナさんだ…!】

 

 

ラフィエル「―――でも…本部に身を置くようになり段々と封を開かなくなりました」

アイリス「なぜ…」

ラフィエル「後ろめたかったんでしょうね」

 

ラフィエル「くだらない争いを身を落とし思い描いてた理想とかけ離れていく日々―――」

ラフィエル「失意の生活の中で」

ラフィエル「希望に満ちた頃を思い出させるミナの手紙は辛かった」

 

ラフィエル「―――でも今はもっと早くに読んでいればと後悔しています」

ラフィエル「それに今更 行った所で何もしなかった私をミナはどう思うでしょうか」

ラフィエル「私に会う資格などありません」

アイリス「……」

 

アイリス「…これは私の意見ですが」

アイリス「是非 教会へ行ってみてはいかがでしょうか」

ラフィエル「……え」

 

アイリス「―――私にはミナさんの気持ちはわかりませんですが」

アイリス「目を逸らして開いた距離の分だけ相手の心はわからなくなる…」

アイリス「―――そうは思いませんか」

ラフィエル「……」

 

ラフィエル「これではどちらが司祭かわかりませんね」

アイリス「そんな大層な事は申し上げておりません」

アイリス「それに公爵令嬢も時折 視察に行っているそうですから―――」

アイリス「運が良ければ会えるかもしれませんよ」

ラフィエル「…そうですね」

ラフィエル「今度勇気を出して訪れてみます―――」

 

 

【ラフィエル司祭とミナさん―――】

 

 

【再会できてるといいけど……】

 

 

「お嬢様!」

 

「…っ ダリル教よりお嬢様へ…」

 

「破門宣告がございました…!」

 

アイリス「―――なんですって!」

 

公爵令嬢の嗜みの最新話・最新刊を無料で読む方法!

以上、公爵令嬢の嗜み【42話】のネタバレを紹介しました。

文字だけじゃなくてやっぱり絵付きで読みたい!もしくは絵付きで読みたくなった!

という方におすすめなのがmusic.jp。『公爵令嬢の嗜み』を無料で読む方法を画像で詳しく解説します!

▼30日間無料体験で600Pゲットして今すぐ読む!▼

 

解約方法は以下のボタンからご覧ください。

※無料期間中に解約すれば違約金もなく解約可能です。

公爵令嬢の嗜み 42話の感想

ラフィエル司祭の悲しい過去のお話でしたね。

ミナさんとラフィエル司祭は再会して仲よく話せるようになればいいですね

まとめ

以上、公爵令嬢の嗜み | 最新話【42話】のネタバレ・感想を紹介しました。

「公爵令嬢の嗜み」の単行本を無料で読む方法を別記事でまとめているので合わせてご覧ください。

『公爵令嬢の嗜み』を全巻無料で読む方法があるのか調査今回はKADOKAWAから発売された『公爵令嬢の嗜み』の最新5巻をふくめ、シリーズ全巻無料で読めるかを調べてみました。 まずは気になる...

 

漫画は絵と一緒に読むことで面白さが倍増します。

もし絵付きで読みたくなった場合は電子書籍サイトがおすすめです。

「どの電子書籍サイトでも一緒じゃないの?」

と思っている方は騙されたと思って下記の電子書籍まとめ記事を御覧ください。

 

今は無料体験時にポイントが沢山もらえるサービスも数多くあるので、その中でもおすすめなサービスをご紹介しています。

 

\書店で買うより圧倒的に電子書籍の方が安く読める!/

 

 

※2019年6月に登場した【星のロミ】【漫画村.club】の詳細については別記事でまとめています。
 
 
\星のロミ・漫画村.clubの詳細と危険性は以下よりご覧ください/
 

 

▼【ワンピース】悪魔の実130種類まとめ

週刊少年漫画のネタバレ一覧!

  • ジャンプ
  • ヤングマガジン
  • サンデー
  • マガジン
  • チャンピオン
  • ヤングジャンプ

各種少年漫画雑誌のネタバレを一挙に見るには以下をチェック!

 

週刊少年漫画雑誌のネタバレ一覧はこちら!

 

【星のロミ】【漫画村.club】の詳細と危険性について

[PR]マスク価格高騰が続いていますが、50枚わずか1,780円で楽天市場で買えます


2019年6月に入り突如として出現・話題になった

  • 星のロミ
  • 漫画村.club

 

巷では漫画村の復活を喜ぶ人もいますが、実はかなり危険であることが調べてわかりました。

更にはすでに

「1ページも読み込めない」

などと言った声も上がっています。

星のロミ、漫画村.clubの実態は一体なんなのかを徹底調査しましたので、ぜひご覧ください。

 

 


ワンピース考察一覧

ワンピース大好きな管理人がワンピースについて徹底考察しています。

過去に張られた伏線から最新話の伏線までいろんな角度から考察しているのでワンピース好きの人はぜひ見てみてください!