思い、思われ、ふり、ふられ

思い、思われ、ふり、ふられ最新話【42話】のネタバレあらすじ・感想


別冊マーガレットで思い、思われ、ふり、ふられ42話が掲載されました。

本記事では思い、思われ、ふり、ふられ| 最新話【42話】の最新話のネタバレあらすじと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

思い、思われ、ふり、ふられ最新話【41話】のネタバレあらすじ・感想別冊マーガレットで思い、思われ、ふり、ふられ41話が掲載されました。 本記事では思い、思われ、ふり、ふられ| 最新話【41話】の最新話...

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。
絵つきで思い、思われ、ふり、ふられを読みたい!という場合はmusic.jpがおすすめです!
今すぐ読みたい方はmusic.jpに無料キャンペーンに登録してみてください。

 

▼30日間無料キャンペーン中!▼

※30日以内に解約すれば違約金はかかりません。




思い、思われ、ふり、ふられ| 最新話【42話】のネタバレあらすじ

ここも ここから見えるあの場所も

どこに行っても同じだと思ってた

動かなくていい理由にしたかった

でもあの場所も

今いるこの場所でさえ

違うものにするのは

 

タッ タッ タッ

足音が聞こえて、乾が振り返る。

朱里「乾くん」

朱里が息を切らせながら、こっちに走ってくる。

 

自分次第なんだ

そう思わせてくれた人が

今ーーーーーー

 

目の前にいる

 

和臣「山本さん」

朱里「家の人に将来の夢の事

   話せたって・・・・・・」

和臣「うん」

朱里「すごい!

   よかったね!」

和臣「 あ でもまだ

   説得できた訳じゃないんだ

   ちゃんとした話し合いはこれから

   ・・・なんだ」

朱里「でもやぱすごいよ

   最初に言い出すのが

   一番怖いって知ってるから」

朱里の真っ直ぐな言葉に、和臣は笑った。

和臣「・・・・・・うん

   山本さんなら分かってくれると思ってた」

笑っていた朱里の表情が曇る。

和臣「どうしたの?」

朱里「ちょっぴり

   置いてかれた感じがして」

和臣「え?」

朱里「ほんとは私も

   今日こそお母さんに自分の本心

   言うつもりでいたのに

   結局言えなかったから」

朱里は柵にもたれた。

和臣「・・・・・・」

 

だけど私だって

変わっていってる

空っぽなんかじゃない

そう思えたから

気持ち伝えに来たんだから

 

自分を奮い立たせて、口を開いた。

朱里「あの・・・・・・・・・」

和臣「俺が切り出せたのは

   とにかく切羽詰まってたから・・・」

朱里は和臣を見た。

和臣「早く行動しなきゃ間に合わないっていう

   焦りもあったんだ」

朱里「切羽詰まってた・・・って?」

和臣「・・・・・・

   俺・・・・・・

   好きな人がいるんだけど」

朱里の目が丸くなる。

朱里「え・・・・・・乾くん

   好きな人いるの・・・・・・?

   知らなかった!」

 

こんなタイミングで知るなんて

 

朱里の決意が揺らぐ。

和臣「それで 俺以外にも

   その子を好きな奴がいて

   そいつ見た目もまぁかっこいいし

   俺より大人びてるし

   冷静に考えれば 俺じゃ

   ライバルにもあれないくらいなんだけど

   でも どうしても諦めたくなくて」

和臣の言葉に、朱里の胸が疼く。

和臣「だったら少しでも対等になれるように

   変わらなきゃって思ったんだ」

朱里「・・・・・・・・・

   そうだったんだ・・・」

 

乾くんがそんなふうに思う子が

いたんだ・・・・・・

 

朱里「でも・・・

   ”間に合わない”って・・・?」

和臣「俺の好きな子に

   そいつが告白したらしくて

   その子が返事しちゃう前に・・・って」

和臣は朱里を見た。

 

乾くんに好きな人がいたなんて

全然気付かなかった

 

朱里「乾くんを決意させたなんて

   その子 すごいね」

和臣「うん 俺もそう思う」

 

だけど 私だって

 

朱里は握った手に力を込めた。

朱里「”同志”ってだけじゃ

   乾くんの背中押すことが

   出来なかったのはちょっと悔しい」

 

ふられる事より

また自分の口から

好きって言葉言わないまま

 

終わりたくない

 

朱里「その役は 私がしたかった

   だって・・・・・・」

和臣「山本さんて

   いつからそんなに鈍感になったの」

和臣の言葉に朱里はきょとんとした。

頬を赤らめながら、和臣は真っ直ぐに朱里を見つめた。

和臣「俺の好きな人って

   山本さんの事だよ

   どうしてこんな時だけ

   鈍感なの・・・・・・」

 

え・・・・・・

ちょっと 待って

 

和臣「だから

   亮介って奴に返事する前に

   俺も候補に入れて欲しいんだけど」

 

 

乾くんが

私を好きって

言った・・・?

 

 

朱里「亮介くんへの返事は

   もうしちゃったよ」

和臣「え・・・・・・」

朱里「断ったんだ

   好きな人がいるからって」

和臣が固まる。

和臣「 あ 山本さん

   好きな人いるんだ・・・・・・」

朱里「その人には夏休みに

   一度ふられてるんだけど

   やっぱり諦められなくて

   もう一度告白するつもりていたのに

   先越されちゃったよ」

和臣「・・・・・・」

和臣がきょとんと朱里を見る。

和臣「・・・・・・?」

朱里は困ったように笑った。

朱里「鈍感なのは

   乾くんも一緒じゃん」

朱里の目に涙が滲む。

朱里「ふられてからも

   ずっと毎日毎日

   乾くんが好きだった

   今も大好きです」

和臣の手が伸び、朱里を抱きしめた。

和臣「捕まえた」

 

朱里「クリスマスの鬼ごっこ

   思い出すね」

 

和臣『捕まりに来たんだよ』

 

和臣「今度は俺が捕まえた」

朱里は和臣の腕の中で、きゅっと目をつむった。

朱里「わ・・・私だって

   捕まえに来たんだよ」

朱里も和臣の身体をギュッと抱きしめた。

和臣「ははっ

   めっちゃ気が合うじゃん

   ずっと捕まえてて」

 

 

 

和臣「あの見晴らし台

   今までは多分

   あきらめの場所だったんだと思う」

並んで歩きながら和臣が口を開いた。

和臣「あの景色を見て

   どこに行っても同じだって

   言い聞かせてたんだと思う」

朱里は和臣を見ていた。

和臣「ずい分後ろ向きだよね

   でも今日からは違う

   本当に一番大切な場所になった」

朱里「私も」

朱里が立ち止まる。

数歩前に行った和臣が振り返った。

朱里「お母さんに言う

   もう一度勇気出す

   遠距離になんて絶対なりたくない」

和臣「俺もずっと近くにいたい」

朱里の想いに和臣が寄り添った。

 

 

 

朱里「ただいまー」

朱里が家に入ると、理央と父がソファで寛いでいた。

理央「おかえりー」

父「おかえり 朱里ちゃん」

母「遅かったじゃない

  どこ言ってたの?」

キッチンから母が顔を出した。

朱里「・・・あの

   プリン買って来たんだけど

   みんなで食べない?」

朱里はプリンの入った袋を差し出した。

理央「え・・・プリン?」

朱里「うん

   お父さんとお母さんに

   仲直りしてもらう目論見で買って来た」

母と父が朱里を見つめる。

朱里「私は今のこの家族が好きだから

   できればずっとこのままでいたい

   これが私の本心

   だから今回はお母さんの味方できない

   ごめん」

母「・・・・・・」

伝えられたものの、朱里は母の顔が見れなかった。

母「朱里にそんな事言わせるまで

  甘えっぱなしでごめん」

朱里「・・・・・・」

朱里は顔を上げた。

母「今までお母さんと同じ気持ちで

  賛成してくれてたわけじゃなく

  我慢させてたことも

  いっぱいあったんだろうって

  少し考えれば分かる事だったのに

  本当にごめんなさい」

母は朱里に頭を下げた。

朱里「・・・・・・」

父「お父さんも

  話さなくても分かってるだろうって

  みんなに甘えてたと思う

  理央に言われて反省したよ

  ごめんね 朱里ちゃん」

 

理央も何か言ってくれたの?

 

理央「つーか

   仲直りのプリンて・・・

   親子ですねー」

朱里「 ? 」

母「朱里」

朱里「ん?」

母に呼ばれて、朱里は冷蔵庫の中を見た。

朱里「 あ 」

そこには既にプリンがあった。

母「お父さんも帰りに

  狩って来てくれたの」

母が笑った。

父「まさかかぶるとは・・・」

父も笑った。

朱里「え・・・・・・

   じゃあ・・・・・・」

母「ちゃんと仲直りしたよ」

朱里「・・・よ

   よかった

   よかったーーー」

朱里の目から涙が零れた。

朱里「ほんとにごめんね 朱里」

 

ずっとここにいられるんだ

みんなと一緒にいられるんだ

 

由奈「おはよう」

理央「由奈ちゃん」

朱里「おはよーーー 由奈」

理央と朱里はマンションの下で由奈を待っていた。

由奈「ここから一緒に行くの

   久しぶりだね」

由奈が嬉しそうに笑った。

朱里「ずいぶん長い事

   駅前待ち合わせだったもんね」

由奈「でもよかったね

   お父さんとお母さん

   仲直りして」

朱里「うん」

朱里も嬉しそうに笑った。

朱里「そうだ これ返す」

朱里はリュックから由奈の教科書を取り出した。

朱里「はい ”わたし”の忘れ物]

由奈「えへへ」

朱里は由奈を抱きしめた。

朱里「色々がんばってくれてありがとう

   由奈 だいすき」

由奈「私も 朱里ちゃんだいすき」

2人はキャっキャっと喜んだ。

理央「俺の彼女なんですけど?」

朱里「私の親友なんですけど?」

朱里がすかさず言い返す。

由奈「へへーーー」

由奈は幸せそうに笑った。

理央”由奈ちゃんまで・・・”

和臣「山本さんはこっち」

ふいに朱里の手が引っ張られる。

 

乾くん

 

和臣「行こ」

朱里「うん」

そのまま2人は行ってしまった。

理央「カズのくせに

   こなれ感出しちゃって

   ねーーー」

理央は由奈に頭をくっつけた。

 

 

 

朱里”わーーー

   わーーー

   乾くんてこういう事

   してくれるんだーーー・・・”

和臣の行動に朱里はドキドキしていた。

朱里はチラっと和臣を見た。

和臣「ちなみに

   今ほんとテレてるから

   あんま見ないで」

和臣の顔は真っ赤に染まっていた。

伝染して朱里の顔も赤くなる。

和臣「・・・・・・そう言えば

   ずいぶん前だけど 俺ーーー

   山本さんに手ぇ握られた」

 

ドキ

 

も・・・もしかして

寝てる時こっそり手を握ったこと

 

バレてる・・・!?

 

和臣「 ま 夢の中でだけど」

和臣は嬉しそうに笑った。

 

・・・!!

 

セーーーフ!!

 

朱里は心の中で嬉し涙を流した。

すん

和臣が朱里の手を嗅いだ。

そのまま朱里を見つめる。

朱里「・・・・・・」

和臣「うん 夢の中でだけどね」

 

これは素なの?

それともほんとは・・・

 

朱里「乾くん 気付いてる?」

朱里はドキドキしながら聞いた。

和臣「え?何が?」

和臣はきょとんと朱里を見た。

朱里「・・・・・・」

 

・・・やっぱりまだ

掴みきれない

これは 今以上に

乾くんに落ちてく気しかしない

 

 




思い、思われ、ふり、ふられの最新話・最新刊を無料で読む方法!

以上、思い、思われ、ふり、ふられ【42話】のネタバレを紹介しました。

文字だけじゃなくてやっぱり絵付きで読みたい!もしくは絵付きで読みたくなった!

という方におすすめなのがmusic.jpです。

music.jpであれば30日間の無料体験があり、無料体験に登録すると600ポイントがもらえます。

そのポイントを使用することで「思い、思われ、ふり、ふられ」が無料で読めます。

30日間の無料体験期間中に解約すれば一切お金はかかりませんので、ぜひ絵付きで読んでみたい方はmusic.jpに登録して読んでみてください。

 

▼30日間無料体験で600Pゲットして今すぐ読む!▼

 

解約方法は以下のボタンからご覧ください。

※無料期間中に解約すれば違約金もなく解約可能です。




思い、思われ、ふり、ふられ| 最新話【42話】の感想

鈍感な朱里と和臣の告白が可愛くてきゅんきゅんです!!!

4人の頑張りが報われてよかったな~!!!

由奈と理央、朱里と和臣2組のカップルがどう進んでいくのか

続きが気になりますね!!!

4人の掛け合いも見たいな~♡

まとめ

以上、思い、思われ、ふり、ふられ| 最新話【42話】のネタバレ・感想を紹介しました。

 

漫画は絵と一緒に読むことで面白さが倍増します。

もし絵付きで読みたくなった場合は電子書籍サイトがおすすめです。

「どの電子書籍サイトでも一緒じゃないの?」

と思っている方は騙されたと思って下記の電子書籍まとめ記事を御覧ください。

 

今は無料体験時にポイントが沢山もらえるサービスも数多くあるので、その中でもおすすめなサービスをご紹介しています。

 

\書店で買うより圧倒的に電子書籍の方が安く読める!/

 

 

※2019年6月に登場した【星のロミ】【漫画村.club】の詳細については別記事でまとめています。
 
 
\星のロミ・漫画村.clubの詳細と危険性は以下よりご覧ください/
 

 

▼【ワンピース】悪魔の実130種類まとめ

週刊少年漫画のネタバレ一覧!

  • ジャンプ
  • ヤングマガジン
  • サンデー
  • マガジン
  • チャンピオン
  • ヤングジャンプ

各種少年漫画雑誌のネタバレを一挙に見るには以下をチェック!

 

週刊少年漫画雑誌のネタバレ一覧はこちら!

 

【星のロミ】【漫画村.club】の詳細と危険性について


2019年6月に入り突如として出現・話題になった

  • 星のロミ
  • 漫画村.club

 

巷では漫画村の復活を喜ぶ人もいますが、実はかなり危険であることが調べてわかりました。

更にはすでに

「1ページも読み込めない」

などと言った声も上がっています。

星のロミ、漫画村.clubの実態は一体なんなのかを徹底調査しましたので、ぜひご覧ください。

 

 


ワンピース考察一覧

ワンピース大好きな管理人がワンピースについて徹底考察しています。

過去に張られた伏線から最新話の伏線までいろんな角度から考察しているのでワンピース好きの人はぜひ見てみてください!