最新話のネタバレ・感想

さよなら ミニスカート最新話【5話】のネタバレあらすじ・感想


りぼんでさよなら ミニスカート5話が掲載されました。

本記事ではさよなら ミニスカート| 最新話【5話】の最新話のネタバレあらすじと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

 




さよなら ミニスカート| 最新話【5話】のネタバレあらすじ

 

ー半年前

 

「ねぇねぇ、ピュアクラのセンター

 ファンに刺されたって、マジ?」

「腕切られただけだって」

「あー、シャンプーのCMの子かー」

「つーか、

 なんでファンなのにそんなことすんの?」

「傷つけたら、自分だけのものに

 なるって思うらしいよ。

 ワイドショーで言ってたー」

「ゲーッ 何その思考回路」

 

「ー監視カメラの映像や目撃情報から

 犯人は10代後半から20代の男

 175センチ前後 見覚えはありますか?

 よく握手会に来るファンとか・・・」

花恋は事情聴取を受けていた。

花恋「・・・わかりません。

   握手の時もフードで

   顔は見えなかったので」

花恋はうつむき、スーとをぎゅっと握りしめた。

警察「はーフードねえ・・・」

警察の人はボリボリと頭をかいた。

「と、当日は雨で、野外ステージで・・・

 客ですよ。

 脱げなんて言えないでしょう!」

マネージャーが割って入る。

警察「アイドルファンの男なんて

   何しでかすか分からないんですから

   危機感を持って頂かないと・・・」

花恋は生気のない目でやり取りを聞いていた。

「う・・・うちは他と比べてもはるかに

 多く警備員を動員しています!

 安全面に問題は・・・」

警察「その警備を犯人は突破して、

   いまも逃走しているんですよ!

   とにかく今後は

   すべてのファンを疑うつもりで」

 

花恋「もう いいです」

 

花恋の声にマネージャーと警察が花恋を見た。

花恋「やめます」

 

 

・・・ピピピピッ

スマホのアラームが鳴り響く。

『私 アイドルやめます』

仁那「・・・・・・・・・」

仁那は布団の中で、右手の傷を見ていた。

 

 

《・・・で?どうよ、その後》

仁那「・・・・・・あのさぁ

   そんなことで、

   朝から電話してこないでよ・・・」

仁那はミキサーで朝ごはんのスムージーを作っていた。

《だぁってぇ~っ気になるんだもん

 元センターの初恋の行方がっ!!》

「だ・・・だから初恋なんかじゃ」

サラ《で?で?”光くん”だっけ?

   あれから1週間だけど、

   何か話した?》

スマホの画面の中で、サラは紙を巻きながら興味津々だ。

仁那「・・・何も」

サラ《はああ~っ!?絶対、毎日

   「おはよう」は言えって

   言ったでしょ!?》

仁那「・・・・・・・・・」

 

 

ー1週間前

 

「うおーっ桃っちの写真集、

 フラゲキターッ!!」

「尻がいいよな。やっぱ尻だわ、女は」

男子が写真集で騒ぐのを、女子は離れた所で白い目で見ていた。

「・・・サイテー。

 男子ってなんでああなのー?」

「体にしか興味ないわけー?」

その騒がしい中を仁那はスタスタと通り過ぎていく。

仁那”何を今更。男なんてみんな・・・

   男なんてー・・・”

柔道場の前で光の姿を見つけた。

どきっ

 

『ありがとう。アイドルになってくれて』

 

光の言葉に、更に胸の音が高鳴る。

・・・ドキン

 

ドキン

ドキン

仁那と光の距離がどんどん近づいていく。

仁那「・・・お、おは」

正輝「よー光!

   練習サボって何読んでんだよ」

仁那の言葉が、正輝の声にかき消された。

仁那「・・・・・・・・・・・・」

2人の横は仁那は小さくなって通り過ぎていく。

光「これ・・・この人めっちゃよくない?」

光は持っていた本を正輝に見せた。

正輝「どれどれ

   すっげー胸!!

正輝の声が仁那の耳に飛び込んできた。

仁那の足が止まる。

正輝「えー・・・いや、これは・・・

   お前こういうのがいいの?」

正輝がコソコソと声をひそめた。

光「うん・・・めっちゃいい・・・

  ・・・やっぱり、胸だよね」

光が仁那の存在に気付いた。

光「あ 神山さん、おは・・・」

 

シラーーーーーー

 

仁那は軽蔑する目で光を見ていた。

光「・・・・・・・・・?」

 

 

その話にサラは爆笑した。

サラ《そ、それで1週間無視してんの?

   あんた小学生!?》

仁那「・・・・・・」

スマホの画面の中でサラは笑い転げた。

 

『ー次のニュースです。

 JR海東線に本日より、

 女性専用車両が導入されました。

 学生や会社員が

 多く利用するこの路線では、

 以前から多くの要望が寄せられており・・・』

テレビの中では女性専用車両を紹介するニュースが流れていた。

サラ《へー柔道バカの光くんも

   普通の男子じゃん。

   せっかくだから

   アンタの写真集もあげたら?》

『痴漢が多いので安心ですー』

『絶対利用しますーっ』

ニュースではインタビューが流れていた。

仁那「はあ!?バカじゃないの。

   いいかげんに・・・」

仁那は流れてきた声にテレビを見た。

『えーっ私は普通の車両でいいです~っ』

テレビの中では未玖がインタビューを受けていた。

『だって~女の人だけで

 1両使っちゃうのって、なんだか

 お仕事に疲れてるサラリーマンさんたちに

 悪いなーって・・・

 あっ、もちろんチカンはだめですよ~?』

 

 

「すっげー!未玖ちゃん!

 RT2万超えてんじゃん!」

「やばっ、未玖ちゃん有名人~っ」

朝のニュースのインタビューがSNSに上がり、学校中が騒いでいた。

未玖「えーっやだあーなにそれーっ」

「未玖ちゃんってやっぱ優しいよなーっ

 つーか

 ほかのインタビューの女ウザすぎ!」

「こいつらに専用車両いるか?笑」

「ブスに限って、

 チカン恐いとか騒ぐからさーっ」

 

「・・・・・・」

その騒ぎを1人の女子が気まずそうに聞いていた。

 

 

ガラッ

未玖「あっ!光ーっ」

教室のドアを開けて、光が耳をポリポリかきながら入ってきた。

光「・・・・・・・・・」

未玖「朝練お疲れさまっ。

   耳どうかしたの?」

光「・・・痒くて」

「汚ったねーな。ちゃんと洗えよ」

聞いていた男子が引きながら言った。

正輝「あー、お前柔道耳だろ。

   たまに変なとこ痒くなるよな」

未玖「あっ、知ってるー!

   柔道やってると耳の形、

   変わるんでしょ?

   そういえば光の耳って

   見たことなーいっ

   見せて見せてっ」

光「え・・・ちょ・・・」

未玖は光に飛びつき、わしゃわしゃと髪を触りだした。

それを避けていると視界に仁那を見つけた。

光「あ・・・・・・」

仁那「・・・・・・・・・」

光「あ、あの、神山さ・・・」

話かける光を、仁那はぷいっと無視して席へと向かっていった。

正輝「神山さん、

   すかっかりリセットされたな。

   こないだはお前に

   おはようって言ってたのに」

その様子を見ていた正輝が、光に同情の目を向けた。

光「・・・・・・」

未玖「・・・へぇ・・・そうなんだぁ。

   ・・・なんか子供みたいだね」

未玖が小さく呟いた。

光「・・・・・・・・・」

光は耳をポリポリかきながら、仁那の背中を見ていた。

 

 

ー女子更衣室

 

「今日、卓球だって」

「うざー」

体育の授業のため、体操服に着替えていた。

「あ、あの・・・長栖さん・・・」

未玖「えっ、辻さん?」

体操服に着替え終わった未玖に、辻が声を掛けた。

未玖「なに、なにっ?

   辻さんから話しかけてくれるの

   初めてだね!」

辻「・・・・・・や・・・やっぱりいい・・・」

言いにくそうにもじもじする辻を友達が止める。

「だめだよ!言いなって!

 未玖のせいで

 迷惑してるんでしょ!?」

辻「で、でも・・・」

未玖「 ? どういうこと?」

「~あのさ!辻ちゃんって

 すっごいチカンに遭いやすいんだよ!」

「せっかく専用車両できたのに、

 未玖のせいで

 使いづらくなっちゃったじゃん!」

辻の変わ代わりに友達が未玖に言った。

「プッ チカン?辻が?」

未玖の後ろにいた女子が笑った。

「可愛い子より、

 地味な子のが遭いやすいんだよ!」

辻「・・・・・・」

友達の言葉に、辻はうなだれた。

「未玖のインタビューのせいで、学校で

 ”専用車両に乗るのはブスだけ”

 とか広まってんだよ!」

仁那は辻の後ろで一部始終を聞いていた。

「そんなに自分だけが

 いい子だと思われたいわけ!?

 辻ちゃんみたいな子のことも考えなよ」

「ちょ、言い過ぎ」

辻のもう1人の友達が止めるが、勢いは収まらない。

「だって」

未玖「そっかぁ・・・ごめんね?辻さん」

辻「え」

未玖の言葉に辻は顔を上げた。

未玖「でも大丈夫だよ。

   未玖の言うことなんか

   気にしないで!

   辻さんは専用車両に乗りなよ!

「・・・はあ!?アンタ話聞いてた!?」

未玖「だって私はチカンなんて

   ヘーキだから、

   専用車両なんていらないし、

   男の人全員疑ってるみたいで

   なんかヤだな」

仁那「 ! ・・・・・・・・・」

未玖「そんなことするなんて

   一部の人だけでしょ?

   それに一番悪いのは

   チカンする人でしょ?

   私に文句言っても、何も解決しなよ

辻「・・・・・・・・・!」

「そんなヘリクツ・・・」

辻「も、もういいよっ

  長栖さんの言うとおりだよ・・・

  わ・・・私が気が弱いのがいけないの」

 

 




 

さよなら ミニスカートの最新話・最新刊を無料で読む方法!

以上、さよなら ミニスカート【5話】のネタバレを紹介しました。

文字だけのネタバレを読んで見て、やっぱり

  • 絵付きで読みたくなった!

 

という方におすすめなのがU-NEXTです。

U-NEXTをおすすめする理由は以下になります。

  1. 31日間の無料体験キャンペーン中!
  2. 無料体験時に600ポイントがもらえるので好きな漫画が1巻無料で読める!
  3. アニメ化された漫画も多数配信中!
  4. 映画の割引クーポンも発行できる!(最大1200円OFF)
  5. ドラマ、映画、アニメ動画も9万本見放題
  6. アダルトチャンネルも豊富で31日間の無料体験で1万5000本が見放題!

U-NEXTは現在31日間の無料体験を行っており、無料体験に登録すると600ポイントを貰うことができます。

項目⑥はあまり知られていませんが注目のコンテンツの一つです。

 

無料登録時にもらえる600ポイントを使用する事で、さよならミニスカート最新話・最新刊もポイントを使えば1冊無料で読めます!

登録も1分で完了しますし、解約方法も非常に簡単なのでこの機会にU-NEXTでさよならミニスカートの最新話、最新巻を読んでみてください★

 

▼31日間無料体験で600Pゲットして今すぐ読む!▼

※1分で簡単登録可能!

\解約方法は以下のボタンからご覧ください/

※無料期間中に解約すれば違約金もなく解約可能です。




さよなら ミニスカート| 最新話【5話】の感想

仁那とサラのやりとりが可愛らしくてクスッとしてしまいました。

光に向ける仁那の感情が本当に初恋なのか、気になってしまいます!

痴漢という問題に、思わず読み込んでしまいました。

仁那がどう動くのか、気になります。

まとめ

以上、さよなら ミニスカート| 最新話【5話】のネタバレ・感想を紹介しました。

 

漫画は絵と一緒に読むことで面白さが倍増します。

もし絵付きで読みたくなった場合は電子書籍サイトがおすすめです。

「どの電子書籍サイトでも一緒じゃないの?」

と思っている方は騙されたと思って下記の電子書籍まとめ記事を御覧ください。

 

今は無料体験時にポイントが沢山もらえるサービスも数多くあるので、その中でもおすすめなサービスをご紹介しています。

 

\書店で買うより圧倒的に電子書籍の方が安く読める!/

 

 

※2019年6月に登場した【星のロミ】【漫画村.club】の詳細については別記事でまとめています。
 
 
\星のロミ・漫画村.clubの詳細と危険性は以下よりご覧ください/
 

 

▼【ワンピース】悪魔の実130種類まとめ

週刊少年漫画のネタバレ一覧!

  • ジャンプ
  • ヤングマガジン
  • サンデー
  • マガジン
  • チャンピオン
  • ヤングジャンプ

各種少年漫画雑誌のネタバレを一挙に見るには以下をチェック!

 

週刊少年漫画雑誌のネタバレ一覧はこちら!

 

【星のロミ】【漫画村.club】の詳細と危険性について


2019年6月に入り突如として出現・話題になった

  • 星のロミ
  • 漫画村.club

 

巷では漫画村の復活を喜ぶ人もいますが、実はかなり危険であることが調べてわかりました。

更にはすでに

「1ページも読み込めない」

などと言った声も上がっています。

星のロミ、漫画村.clubの実態は一体なんなのかを徹底調査しましたので、ぜひご覧ください。

 

 


ワンピース考察一覧

ワンピース大好きな管理人がワンピースについて徹底考察しています。

過去に張られた伏線から最新話の伏線までいろんな角度から考察しているのでワンピース好きの人はぜひ見てみてください!