透明なゆりかご産婦人科医院看護師見習い日記

透明なゆりかご産婦人科医院看護師見習い日記| 最新話【50話】のネタバレあらすじ・感想


透明なゆりかご産婦人科医院看護師見習い日記50話が掲載されました。

本記事では透明なゆりかご産婦人科医院看護師見習い日記50話のネタバレあらすじと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

透明なゆりかご産婦人科医院看護師見習い日記| 最新話【49話】のネタバレあらすじ・感想透明なゆりかご産婦人科医院看護師見習い日記49話が掲載されました。 本記事では透明なゆりかご産婦人科医院看護師見習い日記49話のネタバ...

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。
絵つきで透明なゆりかご産婦人科医院看護師見習い日記を読みたい!という場合はmusic.jpがおすすめです!
今すぐ読みたい方はmusic.jpに無料キャンペーンに登録してみてください。

 

▼30日間無料キャンペーン中!▼

※30日以内に解約すれば違約金はかかりません。




透明なゆりかご産婦人科医院看護師見習い日記50話のネタバレあらすじ

うつと戦っている

×華は南部のことを、クリニックの看護師たちに報告した。

先輩「南部さんは今どうしてるのかしら?」

南部は家族に引き取られ、実家で療養することになった。

その後の診察で”うつ”と診断された。

 

南部のことを考えてしまい、×華は仕事に集中できず注意されてしまう。

考えてもどうしようもないけど、屋上の南部の姿が頭から離れない。

すごく苦しんでることがわかっても、

なんて声をかけていいのか分からなかった。

 

治療法

うつは早期治療すれば回復が早いが、

早期発見するのが難しいと話す先輩。

『お母さんだからしっかりしないと、落ち込んでどうするの』

そんな言葉が、追い込んでいく。

元気でいられない自分を責め続ける、そんなことも少なくない。

今の南部は、誰の言葉も耳に入らない。

今は悲観的にしか、物事を考えられないと思うと。

 

このまま放置すれば、また自殺願望が再発する可能性は高い。

今回は運良く病院で発見し、寸止めで止めることができた。

もし一人で自宅だったら、誰も止められない。

誰かが絶えず寄り添っていないといけない状態だ。

そんな状態で、さらに学の責任を背負おうとしているのだ。

 

カウンセリング

南部は病院が実家近くのメンタルクリニックに紹介状を出し、

週に一度通院することになった。

前よりは眠れるようになったが、

高いビルを見ると飛び降りたくなり、外でには出たくないまま。

 

学に会いたいけど、会えずにいた。

顔を見たら頭の中がぐちゃぐちゃになって、

同じことをするかもと考えたら勇気が出ないのだ。

落ち着いたところで会えばいいと思うと、

カウンセラーが言ってくれた。

 

会いに行く

南部はクリニックに行く以外、ほとんど家から出ない。

南部の実母が日中面倒を見ていた。

通院の日じゃないのに、出かけようとしている南部。

南部「学に会いに行こうと思って」

今日は体もよく動くしと話す。

先生が言ってたみたいに、落ち着いて会えるかもしれないと。

 

母親と二人で病院へ、お見舞いに行った。

しかし休憩室まで来たところで、

足がすくんで動けなくなってしまった。

休憩室で休んでいると、原口という女性が声をかけてきた。

よくNICUにいるのを見てて、少し話をしてもいいかと。

 

友達

今日が×華の最後の実習の日、学の容態が気になっていた。

南部は学に会えているのかと。

休憩室にいる南部を見つけた。

毎日ここまでは来れるようになったと、丸山が教えてくれる。

丸山「でもお友達ができたの」

同じNICEに娘がいる原口と、最近ここで会っていると。

 

原口は二人の男の子の母で、先月女の子を出産。

娘の香は重度仮死で生まれた。

心臓に疾患が見つかり、今すぐ手術をする必要があると。

原口が娘にあったのは、術後3日のNICEでだった。

ずっと一緒にいたのに、

外の世界に出た途端こんな離れ離れになるなんて_

 

授乳はできないが、搾乳したものならあげられた。

それで原口は毎日家で搾乳し、母乳を届けた。

原口は面会も毎日して、香を励ましていた。

2ヶ月も気づかなかったと南部が話すと、

2ヶ月一緒に暮らせたんだと話す原口。

原口「一度も抱っこしたことなくて、少し羨ましいです」

このまま順調にいけば来月には一般病棟に移れて、

家族に合わせてあげられると。

 

共感できる

南部「私は学に会いたい」

どうしてもここで足が動かなくなる、怖いのかもしれないと。

学は一生あそこから出られないかもしれない。

お母さんは強くなきゃいけないのにと、

原口みたく強くなりたいと話した。

 

原口「そんなことない、全然強いわけじゃないです」

最初は泣いてばかりだったし、

どちらかといえば香が強いと思うと。

香と会っていると、時々目があって笑う。

こんな辛い状況でも、香は強いと思える。

 

久しぶりに会った

×華は補習を終えた。

南部と会い、原口と話してるところを見たと話した。

ただ話してるだけだけど、頭が整理されるという。

×華「クリニックで見た南部さんは、とてもいいお母さんでした」

学への愛情に溢れて、多分学にも伝わっていると。

学も嬉しくて、今も頑張っていると思うと話した。

 

壊れた心を治すには、どれだけ時間がかかるのか_

実習が終わった×華はもう、この病院に来ることはない。

明るい南部に再び会えるのか。

学を抱っこできますようにと、×華は願った。

 

手術

数日後、学の手術が行われた。

開始から家族と一緒に、待合室で付き添っていた。

原口も約束したからと、駆けつけてくれた。

原口は南部の手を握り、ずっと励ましてくれた。

手術は終わり、無事成功した。

2日ほど経過を見ることに。

後から合併症が出ることもあるので、安心はできないと説明される。

 

母「どう?学に会えそうかい?」

わからない、と答える南部。

先生のおかげで助かって、ありがたくて感謝しきれない。

不安で何もできなかった自分が、今更母親として会うなんて_

南部「そんな都合のいいことできない」

 

原口「でも今ここにいるじゃない」

いつも学のそばにいた、会いたかったら会っていい。

学はお母さんを待っていると思うと。

 

やっとその日が

しかし南部は踏ん切りがつかないまま、数日が経った。

いつもの時間になっても、休憩室に原口が来ない。

何かあったのかなと、南部は気になった。

原口「大変よ!学君が泣いてるの!」

NICUから戻るとき学の保育器を見たら、泣き出してたと。

南部(学が…泣いてる)

 

足はNICUへと歩き出した。

泣いてるのは回復してる証拠。

今なら抱っこできると丸山が話し、

抱っこしてあげてくれませんかと尋ねた。

震える手で、でもしっかりと学を抱きしめる。

南部「大きな声…こんな大きな声で泣けるんだね…」

 

ママに抱っこされ安心した学は、泣き止んだ。

ここにいる赤ちゃんは、みんな静かに戦っている。

学も来た時からずっとと、丸山が伝える。

丸山「一日も休むことなく生きるために今も_」

学はこれからも、戦っていかないといけない。

それにはお母さんの支えが必要。

本当はずっと抱っこしたかった、もう二度と話さないと南部は泣いた。

 

それは突然訪れた

半年後_

大きくなった学と、クリニックに来院した。

今でもダウンすることはあるけど、

自分の体と相談しながら子育てをしていると話す南部。

×華(ようやくここまで来れたんだ、本当に良かった…)

 

ただ原口が気の毒で、と泣き出してしまった。

NICUに行くと香がいなくて、一般病棟に移ったのかと思った。

でも原口も来てないと思い出し、

丸山にどうしたのか尋ねる。

丸山「とても親しかったのでお伝えします」

 

前日の夜、ミルクを飲んだ香はそのまま眠った。

しばらく経って呼吸していないところを発見された。

先生は必死に心臓マッサージをし続けた。

先生「丸山、これはもうもたない」

先生は原口家族を呼び出し、厳しい状況を説明した。

 

辛い決断

先生「原因はわかりません」

電気ショックをしても、薬を投入しても心臓の動きが戻らない。

今も心臓マッサージを開始して、1時間近く経っている。

これだけの時間しても変化がないと、

このまま続けても戻ることは難しいと。

 

原口「…わかりました、先生…もうマッサージは十分です…」

生まれた時からずっと頑張った子だから、

もう苦しい思いはさせたくない。

楽にしてあげたいと。

原口は延命治療を止める決断をした。

この時の家族の気持ちは、計り知れない。

 

家族に囲まれて

そして香はすべての延命器具を外し、

家族が待つ個室へとやって来た。

呼吸が止まるのはこれから30分前後。

その最後の時間を、家族と過ごすことになる。

初めて家族に囲まれ、お母さんに抱っこしてもらえた。

 

ママのところに来てくれてありがとう。

大好き愛してる、

ごめんねと涙が溢れ出す。

原口「またママのところへ戻って来てね…」

すると香は、あーと喋った。

それは最後の呼吸だった。

 

同じだった

それ以来原口とは連絡が取れなくなった。

身内の方に話を聞いたら、精神科に入院していた。

南部「原口さんも私と同じだったんです」

不安な心を必死で前向きにしていた。

多分今は自分を責めてると思うと。

 

もう一度、絶対原口に会う。

そして原口がしてくれたように、今度は支える。

今すぐは無理かもしれないけど、

でもいつかきっとと。

 

近くにいるのに

こんなに近くにいるのに、何もできない。

看護師はこういう時何もできないのか_

妊娠出産は個人的なもので、どうしても踏み込めない領域がある。

結局どんなケアをし尽くしても、

”それで十分”ということはないと話す師長。

 

患者さんが背負ってるものを感じながら、

自分たちの仕事を全力で果たす。

たとえ寄り添うことしかできないとしても、

それは大切な使命だと。

 

また笑いあえますように

出産後の鬱は、子供への責任感が強い人ほどなりやすい。

母性が強いあまり、深刻な状況に陥ることがあるのだ。

うつになった時母親を救うには、

病院での受診はもちろん、周囲の支えが必要になる。

南部は原口に出会うことによって、

立ち直るきっかけを得た。

それはとても幸運なことだったと思う。

 

苦しい状況を分かち合える同じ母親の存在は、

どんな言葉よりも説得力を持つだろう。

母親になることは、時に孤独を感じることだから_

南部と原口が以前のように会えていますように。

原口が南部によって支えられていますように。




透明なゆりかご産婦人科医院看護師見習い日記50話・最新刊を無料で読む方法!

以上、透明なゆりかご産婦人科医院看護師見習い日記50話のネタバレを紹介しました。

文字だけじゃなくてやっぱり絵付きで読みたい!もしくは絵付きで読みたくなった!

という方におすすめなのがmusic.jpです。

music.jpであれば30日間の無料体験があり、無料体験に登録すると961ポイントがもらえます。

そのポイントを使用することで「透明なゆりかご産婦人科医院看護師見習い日記」が無料で読めます。

30日間の無料体験期間中に解約すれば一切お金はかかりませんので、ぜひ絵付きで読んでみたい方はmusic.jpに登録して読んでみてください。

 

▼30日間無料体験で961Pゲットして今すぐ読む!▼

 

解約方法は以下のボタンからご覧ください。

※無料期間中に解約すれば違約金もなく解約可能です。




透明なゆりかご産婦人科医院看護師見習い日記50話の感想

学と会えたシーンは、泣きそうになりました。

会いたいけど会えない、そんな辛い時間を乗り越えられた南部。

原口の辛さは、南部が一番わかってあげられるはずです。

どんなに時間がかかってしまっても、

また二人が笑い合える日が訪れると信じています。

まとめ

以上、透明なゆりかご産婦人科医院看護師見習い日記50話のネタバレ・感想を紹介しました。

 

漫画は絵と一緒に読むことで面白さが倍増します。

もし絵付きで読みたくなった場合は電子書籍サイトがおすすめです。

「どの電子書籍サイトでも一緒じゃないの?」

と思っている方は騙されたと思って下記の電子書籍まとめ記事を御覧ください。

 

今は無料体験時にポイントが沢山もらえるサービスも数多くあるので、その中でもおすすめなサービスをご紹介しています。

 

\書店で買うより圧倒的に電子書籍の方が安く読める!/

 

 

※2019年6月に登場した【星のロミ】【漫画村.club】の詳細については別記事でまとめています。
 
 
\星のロミ・漫画村.clubの詳細と危険性は以下よりご覧ください/
 

 

▼【ワンピース】悪魔の実130種類まとめ




週刊少年漫画のネタバレ一覧!

  • ジャンプ
  • ヤングマガジン
  • サンデー
  • マガジン
  • チャンピオン
  • ヤングジャンプ

各種少年漫画雑誌のネタバレを一挙に見るには以下をチェック!

 

週刊少年漫画雑誌のネタバレ一覧はこちら!

 

【星のロミ】【漫画村.club】の詳細と危険性について


2019年6月に入り突如として出現・話題になった

  • 星のロミ
  • 漫画村.club

 

巷では漫画村の復活を喜ぶ人もいますが、実はかなり危険であることが調べてわかりました。

更にはすでに

「1ページも読み込めない」

などと言った声も上がっています。

星のロミ、漫画村.clubの実態は一体なんなのかを徹底調査しましたので、ぜひご覧ください。

 

 


ワンピース考察一覧

ワンピース大好きな管理人がワンピースについて徹底考察しています。

過去に張られた伏線から最新話の伏線までいろんな角度から考察しているのでワンピース好きの人はぜひ見てみてください!