アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり

アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり最新話【8話】の「ひとりよがり」のネタバレあらすじ・感想ー・・・患者さんにとって私たちは同じ”薬剤師”です


月刊コミックゼノンでアンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり8話が掲載されました。

本記事ではアンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり| 最新話【8話】のネタバレあらすじと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり最新話【7話】の「病院の外」のネタバレあらすじ・感想ー・・・病院の外でも そっちの理想振りかざすんじゃねーよ月刊コミックゼノンでアンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり7話が掲載されました。 本記事ではアンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵み...

本ネタバレは【文字のみ】のネタバレになります。
絵つきでアンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどりを読みたい!という場合はmusic.jpがおすすめです!
今すぐ読みたい方はmusic.jpに無料キャンペーンに登録してみてください。

 

▼30日間無料キャンペーン中!▼

※30日以内に解約すれば違約金はかかりません。




アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり| 最新話【8話】のネタバレあらすじ

 

『病院の外でも

 理想振りかざしてんじゃねーよ』

 

 

 

・・・あの薬剤師

葵とか言ったっけ・・・

固まってたなー・・・

 

何も言い返さず立ち去ったってことは

やっぱ病院の外のことは

わかってなかったんだろーな

熱血薬剤師の自分に

酔ってんのかな

 

服薬指導にそこまで時間割いて

ほしいなら経営者に文句言ってくれよ

人増やさない上にこんな旧式の

分包機じゃそんな時間取れねーよ

そもそも薬局じゃ

できることなんて限られてるのにーーー

 

ピーーーーーーッ

 

機械音に我に返った。

機械が止まっていた。

小野塚「・・・・・・」

小野塚は拳を握りしめた。

 

俺だって・・・

こんなはずじゃーーー・・・

 

 

 

「えーっとまずは朝礼の前に

 今日から入ってもらう新人さんに

 自己紹介してもらおうか

 じゃあ小野塚くんから」

小野塚「は はいっ

    小野塚綾です

    この薬局で経験を積みながら

    ゆくゆくは認定薬剤師の

    資格を取って地域に貢献できる

    薬剤師になれるようがんばります

    ご指導よろしくお願いします!」

「お~~~熱い若手きた~~~」

上司や先輩が拍手をしてくれた。

 

 

このドラッグストアに就職したのは

給与面やシフトの柔軟さ

研修制度が充実してるなど

待遇に惹かれたのもあったが

病院と違って長くひとりの患者と

関われると思ったからだ

 

希望通保険調剤を扱う

薬局併設の店舗に配属され

覚える仕事の多さに

目が回りそうになりながらも

毎日必死で働いていた

 

 

小野塚「今日 重複投薬だった処方を

    変更したらお客さんから

    すげー感謝されて

    あれは嬉しかったわー」

「医者はそのへん

 気づかないしなー!」

 

 

そうーーー

今のようになるまでは

 

 

「地域統括マネージャーの八幡です

 先日発表がありましたが

 お客様の幅広いニーズにお応えするため

 駅近くの大型店舗は24時間営業に

 なっていきます

 ここも例外ではありません」

小野塚「えっ・・・調剤も

    24時間営業ですか・・・・・・」

八幡「そうです 特に駅前の投石内科が

   夜間診療を始めたことで

   そこでの処方箋を持参する

   お客様が多くなると期待されます

   勤務形態については今まで通り

   シフト制に夜間帯が加わることに

   なりますが それに伴った

   人員確保や他店からのヘルプなど

   環境を整えていきます

   もちろん夜間勤務が難しい方も

   いると思うのでそこは

   個別に相談しましょう

   不安もあると思いますが・・・

   何よりお客様のために!

   地域ナンバーワン店舗を

   目指しましょう!」

八幡は笑顔で拳を出した。

 

 

 

小野塚「転職・・・って辞めるの?」

「うん・・・最初から夜勤

 あったらここ就職してなかった

 と思うし・・・

 まっ また飲みに行こうぜ!

 あんま無理すんなよー?」

小野塚「・・・須藤もな」

 

 

夜勤と行っても出勤は午前11時

19時までは通常通り仕事をこなす

日勤帯の同僚たちが帰宅し始めると

全ての業務をひとりで行い

9時の朝礼で引き継ぎをして退勤する

 

小野塚”さすがに体きっつ・・・”

 

八幡「あー小野塚くんちょっといい?」

更衣室に八幡が入ってきた。

八幡「和田さんがインフルで

   数日お休みになっちゃって

   さぁーーー 悪いんだけど

   明日の夜勤交代してもらえるかな」

小野塚「明日はーーーすみません

    勉強会申し込んじゃってて・・・」

八幡「ええ!?・・・おや勉強会も 

   いいんだけどさ 

   この店の一員ってこと

   もっと自覚してくれないとー」

小野塚「・・・・・・」

八幡「頼むよ~

   うちは夜間対応がウリなんだからさ

   業務時間短縮なんてこと

   したくないんだよ」

小野塚「・・・お 俺 最近

    週3ペースで夜勤入ってるんですよ

    もう少し入れてもらえない

    ですか・・・」

八幡「あーーー もちろん

   求人はかけてるんだよ?

   でもパートタイム希望とか

   お子さん小さかったりとかが

   多くてさぁ

   会社の方針もあってそういう

   人たちも一定数採らなきゃ

   いけないし・・・・・・」

小野塚「で でも・・・・・・」

八幡「・・・小野塚くんに無理

   させちゃってるのは

   わかってるんだよ

   でも薬局は飽和状態

   調剤報酬は下がる一方・・・

   差別化しないと

   生き残っていけない

   それにうちはかなり

   給料いいほうだし

   夜勤多いと更に結構いくでしょ?

   若いうちから満足度高い額

   貰えてる人がどれだけいるかなぁ」

 

 

 

小野塚は家に帰った。

カバンを放り投げ、ソファに座り込んだ。

小野塚”・・・あの本 買ったの

    2か月前なのにまだ開いても

    いない・・・

    結局先週も勉強会

    行けなかったし・・・”

 

でも もういいや

 

 

 

小野塚「・・・疲れた」

 

 

 

ー萬津総合病院

相原「なんかみどりさん

   今日元気ないですね・・・

   気のせいかおだんごの位置も

   低くないですか?」

瀬野「昨日はどっかの薬剤師に

   ブチ切れてたのにな

   まぁどーせまた葉山先生

   あたりとやりあったんだろ」

羽倉「それかご発注とかじゃないですか?」

食堂で背中を丸めるみどりを、3人は遠巻きに見ていた。

みどり「ちっっっがーーーう!

    好き勝手なこと言わないでください!

    てか遠巻きに見てないで

    こっち来てよ!」

みどりは立ち上がって3人の方を向いた。

羽倉「かまってオーラは見苦しいですよ」

みどり「ねぇ 私 きみの先輩!」

 

 

瀬野「例の薬剤師に会ったぁ?

   ・・・まさか薬局で喧嘩

   ふっかけたと言うなよ・・・」

羽倉”・・・・・・”

みどり「さ さすがにそこまで

    暴走しませんよ!」

相原”えっ・・・”

みどり「・・・ただ相手ーーー・・・

    小野塚さんには乗り込んできたと

    思われてもしょうがなかったと

    思って反省してます・・・

    家帰ってから恥ずかしさと

    やるせなさで転げまわりました

    でも明らかに問題ある

    状況なのに・・・

    どうしたらいいのか

    わからなくてつらいです・・・」

瀬野「すぐどうこうできる

   問題じゃないからな・・・

   ただ協力すべき相手だって

   ことを忘れたらダメだ」

みどり「はい・・・」

羽倉「とはいえ 病院と薬局に

   溝があるのも事実ですよね」

相原「お互いの仕事に対して

   普段何をしてりかとか

   知識の差とかわからないこと

   多いですよね・・・

   私はカルテ確認できるけど

   薬局では見れないですし・・・」

みどり「処方箋の問い合わせも

    薬剤部通すからうちも

    忙しいと対応悪い人もいるよね」

瀬野「誰だ そいつ 言え」

みどり「えっ いや誰だっけなーーー・・・」

瀬野「・・・・・・まぁ確かに

   学生時代の実務実習くらいじゃ

   それぞれの雰囲気掴める程度だしなぁ

   そのうち近くの薬局と勉強会

   やるのもいいかもな

   みどり 今度の症例報告会で

   発表予定だったよな?」

みどり「 えっ 」

瀬野「合同勉強会も提案してみ」

みどり「あ ハイ・・・」

みどり”まだなにも準備できてない・・・”

 

 

 

みどりと羽倉は2人で廊下を歩いていた。

みどり「そうだハク

    新田さんの経過どう?」

羽倉「順調ですよ この前

   学校の先生が何人かお見舞いに来てて

   クラスの子供たちからの寄せ書き

   もらって泣いてましたね」

みどり”無表情のハクが目に浮かぶ・・・”

みどり「問題は退院後だよねーーー・・・

    入院中は病院で投薬管理

    できるからいいけど」

羽倉「退院時にお薬カレンダー渡そうと

   思ってますけど 結局ちゃんと

   活用できるかは患者さん次第ですしね

   病院䌂外までは僕らの目は

   届かないですから」

 

 

 

ー小児科病棟

みどり「?」

きゃあきゃあと騒ぐ声に、みどりは顔を出した。

みどり「何してるんですか?」

「のんちゃんフルタイド(※)の

 吸入管理悪くてお薬カレンダー

 導入したじゃない?」

※フルタイド・・・気管支喘息の薬

みどり「あー・・・ ご家族もあんまり

    確認できてないからって・・・」

「そしたらカレンダーが可愛くないから

 シール貼りたいって言って

 そこからはもうお絵かき大会よ」

のんちゃん「葵せんせーも

    描いてー!

みどり「えっ よ よーし」

のんちゃん「ねこちゃんがいい!」

のんちゃんはみどりにクレヨンを渡した。

みどり「ねこちゃんね」

みどりは緊張気味にクレヨンを受け取って、ねこを描き始めた。

 

ねこちゃん・・・

 

ねこちゃん・・・?

 

優花「何その新種のモンスター?」

みどり「優花ちゃん!

    ってか 猫だよ猫!」

優花「いや どこがよ こっわ」

そう言いながらも、優花は写真を撮った。

優花「猫って・・・

   こんな感じじゃない?」

優花がかいた猫に歓声が上がった。

のんちゃん「優花ちゃん つぎ

      わんちゃん!

      茶色いわんちゃん!」

キラキラに目を輝かせながら、優花の服を掴んだ。

優花「ええー?」

「も~のんちゃん

 ちゃんとこれ大事にして

 お薬吸えるー?」

のんちゃん「やるもん!

      優花ちゃん描いて

      くれたらやるー!」

みどり「・・・・・・!」

にどりは閃いた。

 

だだだだだ

 

みどり「ハク!!

    頼みがあるんだけど!!

羽倉は嫌ーな顔をした。

 

 

 

ー二週間後

羽倉「みどりさん

   新田さんの退院日

   決まりましたよ」

みどり「 ! 検査結果はどうだった?」

羽倉「入院中はアドヒアランス(※)

   よかったんでリンが結構

   下がってますね」

※アドヒアランス・・・患者が自ら治療方針の

           決定に参加しその決定に

           従って自ら行動すること

羽倉「『退院時のお薬のお知らせ』に

   キックリンの処方量考慮する

   ように記載してます」

みどり「うん・・・これで調剤の薬剤師が

    透析の担当医に提案しやすく

    なるといいんだけど

    新田さん 紙で渡すと

    失くしちゃいそうだから

    シールに印刷して説明後に

    おくすり手帳に貼ってあげて」

羽倉「・・・退院時の説明のとき

   同席しませんか

   新田さんも顔見たら喜ぶと思うし

   このお薬カレンダー直接

   渡したほうがいいと思います」

その様子を後ろで瀬野が見ていた。

みどり「・・・うん ありがと」

 

 

 

ー服薬指導室

新田「いやぁ~~~

   今って退院の時も薬剤師さんの

   面談あるんですね!

   昔はなかったですよねー?

   これみんなにやってたら

   大変じゃないですか?」

新田はペラペラと凄い勢いで喋った。

羽倉「・・・新田さん

   ちゃんと説明聞いてました?」

新田「あ~~~すみません

   退院嬉しくてつい!

   本当にお世話になりました!

   薬の管理もがんばります!」

みどり「あっ そ それなんですけどっ

   実は・・・我々からささやかな

   プレゼントがありまして・・・

   じゃーーーん!

   新田さんオリジナル

   お薬カレンダー!

そのカレンダーは時間割表みたいに作られていた。

みどり「お見舞にいらしてた先生方に

    ご相談したら快諾していただいて・・・

    新田さんの生徒たちに

    カスタマイズしてもらったんです!

    オリジナルのものの方が

    愛着も湧いて飲み忘れも

    減るかなーなんて・・・」

新田「------っ」

みどりが顔を上げると、新田はのどをつまらさていた。

新田「僕・・・これ

   家宝にしますっ・・・」

新田の目には涙が滲んでいた。

 

 

 

ガチャ

小野塚は上着を着て外に出た。

 

ビク

 

瀬野「・・・あ どーも

   小野塚さん?」

瀬野は吸っていた煙草を携帯灰皿に押し込んだ。

小野塚”な・・・・・・なんだよこの

    強面のおっさん・・・”

瀬野「すいませんね これから

   夜間対応なのに呼び出して

   萬津総合病院 薬剤部の

   瀬野といいます」

小野塚「な 何かご用があると・・・」

小野塚”また萬津総合病院かよ・・・”

瀬野「うちの薬剤部で定期的に

   勉強会をやってるんだけど

   今度近隣の調剤薬局の

   薬剤師たちとも合同で

   できたらと思って

   ・・・で ナカノドラッグでは

   小野塚さんに間に入ってもらえたらと」

小野塚「え・・・・・・」

瀬野「ちょうど 今週の金曜に

   部内の症例報告会があるから

   もし気が向いたら来てみてよ」

小野塚「・・・・・・」

瀬野「俺の名刺

   当日連絡くれたら

   入れるようにしとく」

瀬野はそれじゃと背を向けた。

小野塚「・・・あの 萬津総合病院の

    人たちってなんなんすか・・・

    意識高い系ってやつですか?

    そんなに俺のこと何もやらない

    ダメ薬剤師扱いしたいのかよ

    こっちだって余裕ない中

    真っ当に仕事してーーー

瀬野「いや ソレ勘違い

   俺はうちの若い薬剤師が

   患者のためだと思って

   やったことで失敗したあと

   萎縮する姿が見たくないだけだから

   別にきみのためじゃないよ

   きみが何に不満持ってるか

   知らないけど 自分で動くしか

   ないんじゃないの?」

 

 

 

涙を拭う新田の前でみどりは涙をこらえていた。

新田「す すみません・・・

   いつもの薬局の薬剤師さんにも

   自慢しなきゃ」

みどりは微笑んだ。

 

 

 

ー症例報告会

みどり「ーーー以上が『持参薬聴取から

    アドヒアランス不良の発見

    改善に至った一例』の報告になります

    それから最後に・・・」

 

ガチャ

 

後ろのドアに視線が集まった。

気まずそうに小野塚が入ってきた。

 

えっ なっ なんで小野塚??

え?瀬野さん?知り合い???

 

小野塚は瀬野に頭を下げながら、隣に座った。

瀬野から資料を受け取った。

小野塚「・・・・・・」

みどり「わ 私たち 病院薬剤師はーーー

    日々患者さんのために奔走しています

    ---でもそれができるのは

    現状病院の中だけです

    退院後 患者さんにとって身近な

    存在なのは やはり普段の

    生活の中にある薬局です

    薬の管理が悪かったとはいえ

    新田さんが身近に感じているのも

    普段利用している薬局の薬剤師でした

    ・・・そこに 私の力はおよびません

    もっと病院と薬局で連携しやすい

    環境づくりをすべきでは

    ないでしょうか

    患者さんにとって私たちは

    同じ”薬剤師”です

    合同での勉強会・・・

    懇親会でもいいかもしれません

    あ もちろんお酒ありで

    そういった場を設けられたらと

    思っています 以上です

    ありがとうございました」

みどりは頭を下げ、真っ直ぐに小野塚を見た。

瀬野「・・・まあまあだな」

小野塚の隣で瀬野が呟いた。

小野塚”・・・前は俺にも

    目標とかがあったっけ”

 

 

すぐに変えられるもんじゃない

そんな事はわかってる

・・・わかってるさ

 

 

 

新田「あ お久しぶりです~」

ナカノドラッグに寄った新田に、小野塚は笑いかけた。

小野塚「・・・体調どうですか」

 

 




アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどりの最新話・最新刊を無料で読む方法!

以上、アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり【8話】のネタバレを紹介しました。

文字だけじゃなくてやっぱり絵付きで読みたい!もしくは絵付きで読みたくなった!

という方におすすめなのがmusic.jp。『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』を無料で読む方法を画像で詳しく解説します!

▼30日間無料体験で600Pゲットして今すぐ読む!▼

 

解約方法は以下のボタンからご覧ください。

※無料期間中に解約すれば違約金もなく解約可能です。




アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり| 最新話【8話】の感想

みんな最初は同じ思いを持っていたんですよね。

環境や人によってすり減っていくなかで、希望を持ち続ける人、希望を捨ててしまう人

わかれてしまうんだと思いました。

いやーそれにしても瀬野の行動はかっこいいですね!

さらっとあんなことが出来る瀬野に憧れます!

まとめ

以上、アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり| 最新話【8話】のネタバレ・感想を紹介しました。

 

漫画は絵と一緒に読むことで面白さが倍増します。

もし絵付きで読みたくなった場合は電子書籍サイトがおすすめです。

「どの電子書籍サイトでも一緒じゃないの?」

と思っている方は騙されたと思って下記の電子書籍まとめ記事を御覧ください。

 

今は無料体験時にポイントが沢山もらえるサービスも数多くあるので、その中でもおすすめなサービスをご紹介しています。

 

\書店で買うより圧倒的に電子書籍の方が安く読める!/

 

 

※2019年6月に登場した【星のロミ】【漫画村.club】の詳細については別記事でまとめています。
 
 
\星のロミ・漫画村.clubの詳細と危険性は以下よりご覧ください/
 

 

▼【ワンピース】悪魔の実130種類まとめ

週刊少年漫画のネタバレ一覧!

  • ジャンプ
  • ヤングマガジン
  • サンデー
  • マガジン
  • チャンピオン
  • ヤングジャンプ

各種少年漫画雑誌のネタバレを一挙に見るには以下をチェック!

 

週刊少年漫画雑誌のネタバレ一覧はこちら!

 

【星のロミ】【漫画村.club】の詳細と危険性について


2019年6月に入り突如として出現・話題になった

  • 星のロミ
  • 漫画村.club

 

巷では漫画村の復活を喜ぶ人もいますが、実はかなり危険であることが調べてわかりました。

更にはすでに

「1ページも読み込めない」

などと言った声も上がっています。

星のロミ、漫画村.clubの実態は一体なんなのかを徹底調査しましたので、ぜひご覧ください。

 

 


ワンピース考察一覧

ワンピース大好きな管理人がワンピースについて徹底考察しています。

過去に張られた伏線から最新話の伏線までいろんな角度から考察しているのでワンピース好きの人はぜひ見てみてください!