ゆびさきと恋々

ゆびさきと恋々 | 最新話【2話】「恋々へ」のネタバレあらすじ・感想ー恋か憧れか 自分で・・・


デザート2019年10月号でゆびさきと恋々2話が掲載されました。

本記事ではゆびさきと恋々| 最新話【2話】の最新話のネタバレあらすじと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

ゆびさきと恋々 | 最新話【1話】「雪の世界」のネタバレあらすじ・感想ー俺を雪の世界に入れてデザート2019年9月号でゆびさきと恋々1話が掲載されました。 本記事ではゆびさきと恋々| 最新話【1話】の最新話のネタバレあらすじと...

 




ゆびさきと恋々| 最新話【2話】のネタバレ・感想

 

あれから 何度も

逸臣さんを思い出して

 

ふわふわした

しろい気持ちが

心のどこかへ積もっていってる

 

今も

ずっと・・・

 

 

「あー2限目休講だったー」

「えーメール届いてた?」

ガヤガヤと賑やかな中を雪はスマホを手に歩いていた。

りん[雪ー会える?]

雪”りんちゃん”

 

 

 

雪はりんの姿を探してキョロキョロと周りを見た。

椅子に座ったりんが大きく手を振るのをみつけた。

りん「雪 よかったね

   連絡先聞けて」

雪[りんちゃん

  昨日はありがとう]

雪はスマホに文字を打って、りんに見せた。

りん「いいよぉ

   あれくらい」

りん[聞く時 緊張した?]

りんもスマホに文字を打った。

雪はその手を両手でがしっと掴んだ。

りん「ははは」

雪”そばにいるだけでも

  緊張するのに”

 

多分 自分史上・・・

 

[俺を雪の世界に入れて]

 

いちばん

 

逸臣の文字を見て、雪はフルフルと震えた。

雪”何度も見ちゃう”

 

りん[今回ここで待ち合わせしたのはね]

雪はりんのスマホの画面をじっと見た。

雪”[うちの国際サークル]・・・”

りん[うちの国際サークル

   よくこの辺集まるんだよー]

雪の後ろで、サークル仲間と逸臣が話していた。

雪は振り返り、逸臣の姿を見つけた。

 

逸臣さん

 

りん「うーん 美女に

   はさまれてんなー

   あのね さっきまで

   ちゃんと他の人も

   いたから!」

雪”一緒にいる人達 キレイ・・・

  ハーフっぽい・・・”

 

口の動き

速いけど

多分 日本語じゃない・・・

 

[俺を雪の世界に入れて]

 

あれも

聞こえない私がめずらしくて

異文化交流みたいな感じで

送ったのかな

 

それでも

逸臣さんが表れてくれて

私はーーーーーー・・・

 

りん「あ どっか行く」

 

ガタ・・・

 

マフラーを巻きながら動く逸臣を見て、雪は思わず立ち上がった。

りん「逸臣さぁーん」

りんの声に逸臣が振り返った。

雪は手を開き、ひらひらと振った。

 

 

逸臣がこっちに向かって歩いてきた。

りんに促され、雪も逸臣に向かって歩いた。

雪”目 合わせるの

  きゃーってなる・・・”

チラっと逸臣を見た。

 

じーーーっ

 

わ すごい見てる

あ だめ 

ちゃんと見なきゃ

 

逸臣「・・・・・・

   今日は

   こんなんしねぇの?」

逸臣は手を動かした。

雪「 ! 」

 

・・・恥ずかしい

 

雪がスマホを取り出すと、スッと逸臣が雪の横に来てスマホを覗いた。

雪が逸臣を見ると、逸臣は真剣にスマホの画面を見ていた。

雪「・・・・・・」

 

打たなきゃ・・・

 

逸臣「 ? 」

逸臣が不思議そうに雪を見た。

2人の視線が重なる。

 

逸臣さん いつも近い

 

雪は視線を反らし、たたたっと急いで文字を打った。

雪[本当はしたいです

  でも大学なので]

逸臣「・・・・・・

   かわいいな」

 

・・・・・・

・・・え?

 

雪”かわいいって言った・・・!?”

 

ドキ ドキ

 

・・・口

読み違え・・・

じゃ・・・

なかったら・・・

 

雪 逸臣「・・・・・・」

逸臣「あ 行くわ

   飛行機の 時間」

 

飛行機!?

 

雪”え?またどこかに?”

雪はあたふたした。

逸臣「あ まおう」

 

まおう!?

 

逸臣「ら」

雪”あ ラか”

逸臣「お」「う」

 

??

 

逸臣はスマホを取り出した。

雪のスマホが震えた。

逸臣[ラオス行ってくる]

 

ラオス!

 

逸臣は手を振った。

 

 

りん「なーんか

   仲よさげだったじゃん♡」

りんのところに戻ると、嬉しそうに雪を見た。

雪「 ! 」

りん[逸臣さんいるとき

   雪 うれしそうだった

   もう恋してるって

   感じだった♡]

 

恋!?

 

雪[憧れだよー]

雪は急いで文字を打った。

りん[昨日の雪とは

   違って見えたよ♡

   キラキラしてた♡]

 

昨日と・・・

違う・・・?

 

雪”あれ・・・そもそも

  恋と憧れの違いって・・・?”

雪が一人考えていると、りんが上を見上げた。

りん「雪」

雪の前で手を振った。

りん「上 ほら

   幼馴染くんいるよーーー」

雪が上を向くと、手すりにもたれた男の子が見下ろしていた。

 

桜志くん

 

桜志〖今の 誰?〗

桜志は手を伸ばし、手話で聞いた。

雪”見てたんだ”

雪は両手をぎゅっと握った。

雪〖友達だけど?〗

桜志〖へーーー〗

雪〖何してんの?〗

桜志〖別に〗

桜志が友達に声をかけられた。

雪”誰か来た

  こっち見てる・・・”

 

「あの子達 桜志の友達?

 かわいいじゃん」

桜志に耳打ちをした。

 

雪”何 話してんだろ

  横向くと口の動き

  わからない・・・”

 

「今度 飲み会誘ってよ」

桜志「・・・・・・

   耳 聴こえねーから

   髪長い方」

「えっ 聴こえないって

 どれくらい」

桜志「・・・全然」

「それって補聴器つけた

 方がいいんじゃねぇ?」

桜志「つけてんだよ」

「つけてんなら

 聴こえんじゃねーの?」

桜志「つけても 音

   ひろえねぇタイプなんだよ」

「・・・?

 よくわからんが うん!

 桜志 またな!」

桜志「おーーー」

友達が行った後、桜志は雪の方を見た。

雪〖何?〗

 

フン

 

桜志は答えずに、姿を消した。

雪”スルーされた”

りん[幼馴染くん

   手話使えるのすごいねー]

雪[手話でいじわるなこと

  ばっか言ってくるよ]

りん「でも ちゃんと

   覚えてんだー・・・」

 

ヴヴ

 

雪のスマホが震えた。

逸臣[土産いる?

   いらない?]

 

逸臣さん

 

りん「あ いいな」

りん”まーた

   どっか行くのか あの人”

りん「ほら やっぱり

   顔 キラキラしてるよ」

雪[どっちなのかな?

  自分じゃ恋か

  憧れかわかんないよ

  りんちゃんは店長さん

  憧れなんだよね?]

りん[あ・・・それがね]

りん「昨日会って

   好きーーーって

   なったよ♡♡♡」

雪”そうなの!?”

りん[どっちかわかんないなら

   自分で選んで

   いいんじゃないのかな]

雪[自分で決めて

  いいってこと?]

りん[うん♡]

 

雪[お土産ほしいです

  気をつけて

  行ってきてください]

 

恋か憧れか 自分で・・・

 

決められる

ものなのなら・・・

 

 

 

 

今 どこで

何をしているんだろう

誰かと出会って

何かを見て・・・

 

 

 

ヴヴ

雪「 ! 」

雪”え!?逸臣さん”

雪はコロンとベッドに転がった。

逸臣が送ってくれた写真を一枚一枚見ていく。

雪”こんな所があるんだ・・・

  子供かわいい

  知らない”

 

ぜんぶ

見たことない

 

雪[すごいですね]

ヴヴ

逸臣[今日7$のぼろい宿

   Wi-Fi弱い]

雪”7$!?

  あれ?$なの?

  色々聞きたいけど・・・”

逸臣[寝る。じゃ]

 

マイペースだなぁ・・・

 

逸臣[あ 明後日

   大学行く]

 

雪”帰ってくる・・・

  会えるかな

  きゃー♡♡”

ベッドの上でコロコロ転がりながら、まくらを抱きしめた。

 

 

 

雪”早めに出ちゃった

  まだ通勤の人多い・・・”

 

あ あれ

逸臣さん

 

信号を待っていると、向かいに逸臣の姿を見つけた。

雪は手を伸ばし、大きく振った。

逸臣が気づいて、小さく手を振った。

逸臣〖おはよう〗

逸臣の手が動いた。

雪”おはよう・・・”

 

自分の

ゆびさき

ぎこちない

 

あなたが表れて

ひろがる世界に

このため息さえ

やさしく染まっていくようで・・・

 

これが

恋であってほしい

 

 

恋がいい

 

 

信号が青になると、逸臣が雪の元へ歩いてきた。

道の隅に移動した。

雪”~~~~~~・・・

  あいさつの手話

  覚えてくれたんですか

  いつ日本に着いたのとか

  あ スマホかノート・・・”

 

聞きたいことが

ありすぎて

 

逸臣「手 出して」

逸臣が掌を上に向けた。

雪「・・・」

雪は掌を広げた。

逸臣は雪の手を掴み、掌を上に向けた。

雪”わ”

 

ーーーーーー・・・手!

 

雪”わわわわわ~”

 

何を・・・

 

逸臣の手が雪の手に触れた。

 

ドキドキ

 

コロン・・・

 

掌に置かれたものに、雪は目が点になった。

 

!?

 

逸臣「ラオス 土産」

逸臣は雪の掌を指さした。

 

お土産

 

逸臣「気に入った?

   気に入らない?」

雪の顔を覗き込んだ。

雪”失礼だけど自分じゃ

  選ばないチョイス・・・

  だけど”

雪はお土産をじっ・・・と見つめて、ふっと笑った。

 

一周回って

来たような・・・

 

雪は急いでカバンを開け、ノートを取り出した。

雪[はい!気に入りました!]

満面の笑みとともに、ノートを見せた。

逸臣はじーーーっと雪を見た。

お土産を両手で持ち、にこにこと笑っていた。

逸臣「・・・・・・」

逸臣は雪の頭をわしわしと撫でた。

 

なにか

話してるかもしれないけど

上げられなかった

 




ゆびさきと恋々の最新話・最新刊を無料で読む方法!

以上、ゆびさきと恋々【2話】のネタバレを紹介しました。

文字だけのネタバレを読んで見て、やっぱり

  • 絵付きで読みたくなった!

 

という方におすすめなのがU-NEXTです。

U-NEXTをおすすめする理由は以下になります。

  1. 31日間の無料体験キャンペーン中!
  2. 無料体験時に600ポイントがもらえるので好きな漫画が1巻無料で読める!
  3. アニメ化された漫画も多数配信中!
  4. 映画の割引クーポンも発行できる!(最大1200円OFF)
  5. ドラマ、映画、アニメ動画も9万本見放題
  6. アダルトチャンネルも豊富で31日間の無料体験で1万5000本が見放題!

U-NEXTは現在31日間の無料体験を行っており、無料体験に登録すると600ポイントを貰うことができます。

項目④はあまり知られていませんが注目のコンテンツの一つです。

 

無料登録時にもらえる600ポイントを使用する事で、&フラワーを登録後にすぐに読むことができます。

更に登録も1分で完了しますし、解約方法も非常に簡単なのでこの機会にU-NEXTで&フラワーとゆびさきと恋々の最新話、最新巻を読んでみてください★

 

▼31日間無料体験で600Pゲットして今すぐ読む!▼

※1分で簡単登録可能!

\解約方法は以下のボタンからご覧ください/

※無料期間中に解約すれば違約金もなく解約可能です。




ゆびさきと恋々| 最新話【2話】の感想

かわいい。うん、かわいい!

逸臣の「気に入った?気に入らない?」っていう質問の仕方がなんかいい!

恋になった雪の想いがあったかくてかわいい!

ただ、きましたね。イケメン幼馴染!しかもツンデレとみた!

(デレがあるのか知らないけど)

何かが起こっても、起こらなくても面白そうです!

まとめ

以上、ゆびさきと恋々| 最新話【2話】のネタバレ・感想を紹介しました。

 

漫画は絵と一緒に読むことで面白さが倍増します。

もし絵付きで読みたくなった場合は電子書籍サイトがおすすめです。

「どの電子書籍サイトでも一緒じゃないの?」

と思っている方は騙されたと思って下記の電子書籍まとめ記事を御覧ください。

 

今は無料体験時にポイントが沢山もらえるサービスも数多くあるので、その中でもおすすめなサービスをご紹介しています。

 

\書店で買うより圧倒的に電子書籍の方が安く読める!/

 

 

※2019年6月に登場した【星のロミ】【漫画村.club】の詳細については別記事でまとめています。
 
 
\星のロミ・漫画村.clubの詳細と危険性は以下よりご覧ください/
 

 

▼【ワンピース】悪魔の実130種類まとめ

週刊少年漫画のネタバレ一覧!

  • ジャンプ
  • ヤングマガジン
  • サンデー
  • マガジン
  • チャンピオン
  • ヤングジャンプ

各種少年漫画雑誌のネタバレを一挙に見るには以下をチェック!

 

週刊少年漫画雑誌のネタバレ一覧はこちら!

 

【星のロミ】【漫画村.club】の詳細と危険性について


2019年6月に入り突如として出現・話題になった

  • 星のロミ
  • 漫画村.club

 

巷では漫画村の復活を喜ぶ人もいますが、実はかなり危険であることが調べてわかりました。

更にはすでに

「1ページも読み込めない」

などと言った声も上がっています。

星のロミ、漫画村.clubの実態は一体なんなのかを徹底調査しましたので、ぜひご覧ください。

 

 


ワンピース考察一覧

ワンピース大好きな管理人がワンピースについて徹底考察しています。

過去に張られた伏線から最新話の伏線までいろんな角度から考察しているのでワンピース好きの人はぜひ見てみてください!